小池都知事、リオ出張代は1000万円 「『早割』見つけにくい」

印刷

   東京都の小池百合子知事は2016年8月5日、就任後初めて臨んだ定例記者会見で、リオ五輪の閉会式に出席するための5人分の出張費用が約1000万円になる見通しを示した。

   1人あたりの費用は200万円程度となるが、小池知事は、リオが米国や欧州よりも遠い点や、出張まで残された時間が短く「『早割』の類が見つけにくい」などと理解を求めた。

  • 小池百合子都知事は出張経費への理解を求めていた(写真は都庁の会見動画から)
    小池百合子都知事は出張経費への理解を求めていた(写真は都庁の会見動画から)

IOCからホテルの提供受けてコスト削減

   小池氏は8月21日(日本時間22日)に行われるリオデジャネイロ五輪の閉会式で、五輪旗を次の開催地に引き継ぐ式典「フラッグハンドオーバー」に臨む。8月18日に日本を出発し、24日に日本に戻る。滞在中はリオ五輪の運営状況を視察したり、IOC(国際オリンピック委員会)関係者にヒヤリングを行ったりして、東京五輪の運営に生かしたい考えだ。

   小池氏は記者会見で、航空機はファーストクラスではなくビジネスクラスを利用し、ホテルはスイートルームではない部屋に宿泊してコスト削減を図ることを強調。

「IOCからホテルの提供を受けることになっている。結果的に経費の削減に寄与する」

とも述べた。出張するチームの人数は小池氏含めて5人にとどめ、1000万円という金額については

「皆さんからすればお高いと感じられるかも知れませんけれども、地球の裏側に参ると言うことと、十分な期間を...、何て言うんですか、『早割』とか、その類のものをちょっと見つけにくいのが実情」

と理解を求めた。

   なお、小池知事の一行とは別に、東京五輪・パラリンピックの準備のため、リオの状況を調査するチームが現地に向かうことになっている。

   舛添前知事の時代で最も問題視されたのは、2015年10月27日から11月2日にかけて5泊7日の日程で行われたパリ・ロンドン出張。舛添氏を含む20人が現地を訪れ、5041万9000円が費やされていた。1人あたり約250万円かかったことになる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中