萩野、五輪金メダル第1号! ライバル瀬戸は銅

印刷

   2016年8月6日、競泳男子400メートル個人メドレー決勝が行われ、萩野公介選手は4分6秒05の日本新記録で、リオ五輪日本代表初となる金メダルを獲得した。世界選手権2連覇中の瀬戸大也選手は4分9秒71で銅メダル。男子競泳では、日本人2人が同時に表彰台に上がるのは1956年のメルボルン五輪以来60年ぶり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中