ローラ、インスタ殺到批判を「ブロック」 直後に謝罪「傷付いちゃって」

印刷

   「三代目J Soul Brothers」登坂広臣さん(29)との交際報道以降、ローラさん(26)のインスタグラムは「荒れっぱなし」だ。

   日々殺到する批判的なコメントに心を痛めたローラさんは一部ユーザーを「ブロック」。しかし、これが結果的に火に油を注ぐことになり、謝罪の言葉をつづった。

  • 先日、交際報道が出たローラさん(写真は2015年7月撮影)
    先日、交際報道が出たローラさん(写真は2015年7月撮影)

「交際」報道については、依然としてスルー

   交際を報じたのは、2016年8月4日発売(首都圏など)の「女性セブン」。同誌によれば、ローラさんが15年11月末に女性ファッション誌の中で「最近気になる人ができた」と明かした頃から交際を始めていたといい、16年7月だけでも複数回、登坂さんの自宅マンションを訪れていたという。

   2人の関係については以前からファンの間でウワサになっていたが、インスタグラム上での「偶然の一致」を根拠にしたものに過ぎなかった。しかし今回の報道でウワサが現実味を帯び、双方のインスタグラムにはコメントが殺到。説明を求める声が相次いだ。

   ローラさんのもとには、登坂さんのファンから「プロなら隠して下さい」「匂わせ投稿で戸惑わすのは辞めてほしい」「臣くん取らないで!!」といった批判的な声がいくつも寄せられた。中には、過去に熱愛が報じられていた「くりぃむしちゅー」の有田哲平さん(45)と交際すべき、との声まであった。

   翌5日、ローラさんはインスタに新たな写真を投稿したが、報道についてはスルー。その後も写真投稿を続け、登坂さんのインスタの投稿にも「いいね!」を付けたりと「通常運転」している。だが、こうした行動も登坂さんファンの反感を買ってしまった。一部の人々は、ローラファンや交際を応援する登坂ファンの制止も聞かず、ローラさんへの批判コメントを寄せ続けた。

   これには、さすがにローラさんも耐えられなくなったようで、8日深夜には一部ユーザーのアカウントをブロックし、これらの人たちはインスタを閲覧できなくなった。――ところが、この行動も「逆効果」になってしまった。ツイッター等に「ブロックされた」との報告が複数上がったことで、今度はブロックに対する疑問や批判が多数寄せられたのだ。

「不倫したわけでもないんだから」「いろんな事情ある」

   思わぬ混乱に本人も慌てたのだろう。9日未明、ローラさんはコメント欄に登場し、こんな書き込みを残した。

「さっき傷付いちゃってブロックしちゃったの。ごめんね。もうしないからね」

   自身に向けられた心ない言葉にショックを受け、思わずブロックしてしまったということのようだ。その後、一部ユーザーのブロックを解除したかどうかは分からない。

   なお、女性セブンの記事にはツーショット写真が掲載されているわけでもなく、決定的な証拠はない。双方の所属事務所は「プライベートは本人に任せている」として交際自体は否定していないが、真相は不明だ。

   仮に交際が事実だったとしても、本人の気持ちだけで「交際宣言」できるとは限らない。双方の事務所や仕事の関係など、さまざまな事情から「スルー」しなければならないケースがままある。

   そのため、ローラさんのファンらは「気にすることない」などと応援メッセージを送るとともに

「不倫したわけでもないんだから、いちいちここでギャーピー騒ぐな」
「事務所の規定とかいろんな事情あるだろうに...好き勝手言ってる人の想像力の無さが悲しい」
「本当でも嘘でも本人たちのタイミングがあるんだから見守ってあげたらいいと思う」

といった指摘を寄せている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中