「熱愛」ローラの波状攻撃 今度は「(この指輪)もらったやつ、ウフフ」

印刷

   「三代目J Soul Brothers」登坂広臣さん(29)との交際報道について沈黙を貫いているローラさん(26)が、トークバラエティー番組で「意味深」な発言をしたことが登坂さんファンの間で波紋を広げている。

   出演したのは2016年8月9日放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)。ローラさんは番組MCのマツコ・デラックスさん(43)と話す中、身に着けた指輪について、誰かからプレゼントされたものであることを打ち明けた。

  • 私物の指輪を披露したローラさん(写真は2015年7月撮影)
    私物の指輪を披露したローラさん(写真は2015年7月撮影)

マツコも「あんまり言わない方がいいわよ」と忠告

   この日の番組テーマは「クローゼットの世界」。ローラさんはスタジオに完全再現された自宅のクローゼットや、日頃インスタグラムに投稿しているコーディネート写真を紹介しながら、ファッションへのこだわりを語った。

   その中で、持参したシルバーアクセサリーを披露する場面があった。ローラさんは実際にいくつものシルバーリングを指に付けながら「シンプルな恰好に、こうやってたくさんつけると可愛いんだ」とレクチャーした。

   マツコさんに「全部シルバー?」と聞かれると「シルバーなのー。(1つ1つは)違うブランドだったりする」と説明。すると、

「これもらったやつ。ウフフ」

と、人差し指にはめた指輪がプレゼントされたものであることを突然打ち明け、恥ずかしそうに笑ったのだ。

   これにはマツコさんも「ウフフって言うと、なんかほら意味が出ちゃうから、あんまり言わない方がいいわよ」と忠告。ローラさんは「キャハハハハハ」と大笑いし、後ろの方を向きながら「もーう、ちょっとじゃあ、やめるね、話すの」と照れた素振りをみせた。

   ローラさんといえば8月4日発売(首都圏など)の「女性セブン」で登坂広臣さんとの交際が報じられたばかり。記事に決定的証拠はないものの、双方の所属事務所は「プライベートは本人に任せている」として交際自体は否定していない。

「まってローラと臣、同じ指輪してる」「叩かれても仕方ない」

   報道後、双方のインスタグラムには説明を求める声が殺到。2人をめぐってはインスタグラム上で「偶然の一致」がいくつも見つかるとして、以前からファンの間で交際がウワサされていただけに、ローラさんの元には「プロなら隠して下さい」「匂わせ投稿で戸惑わすのは辞めてほしい」といった声がいくつも寄せられていた。

   そのため、同番組での発言は登坂さんファンの感情をこれでもかというほど刺激してしまったようだ。ファンらはその後、ローラさんが「もらった」と話していた指輪と同じものを登坂さんが着けていることを「特定」し、

「まってローラと臣、同じ指輪してる」
「もう探れば探るほど共通点がありすぎ」
「TVで指輪見せつけて一体何がしたいの」
「叩かれても仕方ないことをしてる」

などとバッシングを展開。

   他にもファンらは、ローラさんがデート用コーディネートを紹介した際に「いつか(これを着て)デートに行こーっと。どうしようパパラッチに撮られたら!キャー!」と「小芝居」をうったことも問題視。また、「ハイ&ロー」「DHL」といった登坂さんを連想させるワードがあったことにも反応していた。

   番組がいつごろ収録されたものかは不明だが、タイミングがタイミングとあり「ローラさん叩き」が加速する結果となってしまった。ただ、インスタグラムのコメント欄にはローラさんファンや、2人の関係を応援する登坂さんファンからの擁護コメントも相次ぎ寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中