おのののか「1晩で電話100回」 「ドン引き」交際体験談の数々

印刷

   交際相手の男性に「1晩で100回も電話をかけた」――。タレント、おのののかさん(24)がテレビ番組で明かした「重すぎる恋愛エピソード」に、ネットユーザーが「ドン引き」している。

   恋人のことを「好きになり過ぎる」あまり、相手を「束縛」してしまうタイプだというおのさん。バラエティー番組で明かされた恋人への「異常な行動」に、ネット上では「ストーカーじゃん」といった声が飛び交っている。

  • おのさんの「束縛エピソード」に視聴者ドン引き(画像はブログより)
    おのさんの「束縛エピソード」に視聴者ドン引き(画像はブログより)

「私がいるから必要ないでしょ」

   おのさんの「重すぎる」恋愛観が取り上げられたのは、2016年8月5日放送のバラエティー番組「金曜日の聞きたい女たち」(フジテレビ系)だ。

   番組では、「私のどこが悪いの?ワケあり女大集合」などと題し、スタジオに集まった女性タレントの失恋エピソードを特集した。その中では、おのさんが「重すぎて失敗した恋愛」だという過去の恋愛エピソードが、再現VTRとして放送された。

   まず紹介されたのは、交際相手のツイッターをチェックするおのさんの姿だ。恋人がフォローしているユーザーを1人ずつ確認した上で、「女のフォロー全部外して」と要求。「私がいるから必要ないでしょ」として、女性ユーザーとの繋がりを全て絶たせたというのだ。

   出張中の恋人に対しては、携帯電話の「ビデオ通話」機能を使い、宿泊先のホテルに女性の影がないかを入念に確認。さらに、取引先と食事をしている恋人が「実は女性と一緒にいるのでは」と不安になり、1晩で100回も電話をかけ続けたこともあったそうだ。

   また、おのさんは休日出勤中の恋人に会うために、彼が自宅に置いていた会社の重要な書類を「公園にばらまいた」とウソの連絡をしたこともあったという。たまらず仕事を放りだし、慌てておのさんの元に駆けつけた恋人に対し、おのさんは「会いたかったから、嘘をついてしまった」などと言い放ったそうだ。

   結果として、こうした「束縛ぶり」に耐えられなかった恋人から愛想を尽かされ、おのさんはフラれてしまったという。

「(束縛は)抑えている部分もある」

   VTRで紹介されたおのさんの「重すぎる」エピソードに、スタジオは騒然。共演者から「理解できない」「怖い」といった悲鳴に近い叫び声が相次いだが、おのさんは悪びれた様子もなく「(自分が『重い』ということは)付き合う前に伝えているんですよ」と反論していた。

   さらにおのさんは、恋人に対する行動は「抑えている部分もある」とも告白。電話については「本当は100回じゃなくて200回してもいいと思っている」と明かしていた。

   こうしたおのさんの発言に、視聴者は「ドン引き」。ツイッターやネット掲示板などには、

「重すぎて引いた。 ストーカーじゃん」
    「彼氏の仕事の邪魔をするとか最低。自己中すぎる」
    「こんなメンヘラ女、無理」
    「相手の事を信用してないだけ」

と手厳しい声が相次いで寄せられた。

   なお、同番組ではモデルのダレノガレ明美さんとおのさんが「三角関係」にあったことも暴露され、大きな話題を集めていた。

   同時に1人の男性に行為を寄せていた2人だったが、結果としておのさんが「身を引く」形でダレノガレさんが恋人をゲットすることに。こうした経緯が明かされると、ネット上では「おのののかの株が初めて上がった」「実は性格いいのかな?」といった声も出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中