『AneCan』休刊...やっぱりか エビちゃん卒業、もえちゃんも...

印刷

   小学館は2016年8月10日、女性ファッション誌『AneCan』を11月7日発売の12月号をもって休刊すると発表した。

   インターネット上では「創刊号からずっと買ってたのに」と惜しむ声が上がる一方で、ここ数か月の間に同誌の専属モデルが相次いで「卒業」していたことから、「やっぱり」「看板が続々卒業してたから」とのコメントも目立っている。

  • つい先日に専属モデル「卒業」を発表していた押切もえさん(2008年撮影)
    つい先日に専属モデル「卒業」を発表していた押切もえさん(2008年撮影)

「創刊号からずっと買ってたのにな」

   AneCanは、月刊誌としては2007年3月に創刊。雑誌『CanCam』の対象年齢を上げた姉妹誌として、30代前後の女性を中心に愛読された。エビちゃんこと蛯原友里さんや押切もえさん、高垣麗子さんらを専属モデルとして抱えていたことでも知られる。

   小学館は休刊の理由について、「昨今の読者ニーズや広告環境の急激な変化を真摯にとらえ」た結果だと説明。実際、10年10月号で32万5000部だった発行部数は、最新16年9月号で8万5000部まで落ち込んでいた。

   同社は今後について、「ブランド力とノウハウを生かし、今の時代らしく読者のライフスタイルに寄り添った」形で新しいビジネスを検討するとしている。また、ウェブ版の「AneCan.TV」の運営は引き続き行うという。

   今回の休刊発表を受け、ツイッターやネット掲示板などには、

「えええショック...」
「えぇ~っ!アネキャンなくなるの??うそ悲しい!」
「創刊号からずっと買ってたのにな」

と驚く声や残念がる声が相次いで寄せられている。

専属モデルの「卒業」が相次いでいた

   その一方で、AneCanの「愛読者」とみられるユーザーからは、「やっぱり休刊か...」とどこか納得するような声が上がっている。ここ数か月の間に、同誌の「看板」として活躍してきた人気専属モデルが相次いで「卒業」を発表していたからだ。

   同誌公式サイト上で16年4月、「エビちゃん」の愛称で人気を博した蛯原友里さんの卒業が発表された。さらに、8月2日には同誌の創刊時から専属モデルを務めてきた押切もえさんも、自身のインスタグラムで卒業を発表したばかりだった。

   そのため、ツイッターなどには、

「やっぱり...看板が続々卒業してたからなぁ」
「まぁどんどんモデル卒業してたしね」
「エビちゃんともえちゃんのための雑誌だったから2人が卒業したら休刊は妥当かなあ」

といった声も数多くみられる。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中