女子200メートル平泳ぎ、金藤理絵が「金」 バルセロナ大会・岩崎以来24年ぶり

印刷

   2016年8月11日(日本時間12日)、リオデジャネイロ五輪の競泳女子200メートル決勝で金藤理絵選手(27=Jaked)が2分20秒30で金メダルを獲得した。日本人がこの種目を制したのは1992年バルセロナ五輪の岩崎恭子選手以来、24年ぶりだ。

   金藤は準決勝を全体2位の2分22秒11で通過。決勝では100メートルを2位で折り返し、150メートルの折り返しで首位に立つとそのままリードを守った。金藤選手は08年の北京五輪で7位だったが12年のロンドン五輪は出場を逃した。一時は引退を考えたが、見事に復活を遂げた。試合後には記者からの質問に対し、「信じられない。色んな8年間だったが、加藤コーチや仲間、家族、コーチの家族に応援してもらったからこそ頂点を目指してやってこれたと思う」と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中