天皇陛下、2015年に続き「深い反省」表明 参列者から退場時に「万歳!」

印刷

    71回目の終戦の日にあたる2016年8月15日に政府が東京・北の丸公園の日本武道館で開いた全国戦没者追悼式で、天皇陛下が15年に続いて「深い反省」を表明した。

   天皇陛下が8月8日にVTRで公表した「お気持ち」で退位の意向を示唆してから、国民の前で「お言葉」を述べるのは初めて。退場の際には参列者から「万歳!」の声と拍手も起こった。

  • 全国戦没者追悼式で「お言葉」を述べる天皇陛下(写真奥)
    全国戦没者追悼式で「お言葉」を述べる天皇陛下(写真奥)
  • 全国戦没者追悼式で「お言葉」を述べる天皇陛下(写真奥)
    全国戦没者追悼式で「お言葉」を述べる天皇陛下(写真奥)

文字数は例年の水準に

   正午の黙とう直後に天皇陛下が読み上げる「お言葉」の文言は例年ほとんど同じ内容だったが、戦後70年を迎えた15年は「さきの大戦に対する深い反省」という文言が初めて盛り込まれた。

   例年の「お言葉」の文字数を比較すると、14年は257文字で、15年には330字と大幅に増加。16年の文字数は269字と15年比で2割近く減少したが、例年通りの文字数に戻ったとみることもできる。

   内容面にも変化があった。例年の「お言葉」で「終戦以来既に●●年」に続く文章は、15年は

「戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました」

だったが、16年は

「国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが」

となった。

式典には安倍首相も参列

   また、最後の段落では、15年は

「ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い」

だった部分が

「ここに過去を顧み、深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い」

となり、「深い反省」の対象が明示されない形になった。

   式典には天皇皇后両陛下、安倍晋三首相、101歳から5歳までの遺族ら計6263人が参列し、日中戦争と第二次世界大戦で犠牲になった約310万人を追悼した。

   天皇陛下の「お言葉」全文は以下のとおり。

「本日、『戦没者を追悼し平和を祈念する日』に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。終戦以来既に71年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。ここに過去を顧み、深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中