柔道「銅で謝罪」論争が延焼中 坂上忍、小木博明「肯定論」に批判続く

印刷

   銅メダルではダメなのか。リオデジャネイロ五輪で男女合わせて12個のメダルを獲得した柔道日本代表が「凱旋帰国」してもなお、ネット上でそんな議論が続いている。

   この議論は、銅メダルを獲得した柔道の日本人選手が「謝罪」したことをきっかけに起こった。ただ、芸能人の中には、「むしろ謝ってほしい」「金メダルを狙いにいっているのに、お情けをかけられたら選手はどう思うか」など、「銅で謝罪」を肯定する人もいて、ネットでは批判が相次いでいる。

  • 「お情けをかけるのは、どうなの」と語った坂上さん(2016年6月撮影)
    「お情けをかけるのは、どうなの」と語った坂上さん(2016年6月撮影)

「すんごい謝ってほしいもん、銅メダル」

   日本人選手の「謝罪」を好意的に評価したのは、タレント・坂上忍さんやお笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明さんだ。

   坂上さんは、2016年8月9日放送のトークバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)に出演。番組内で紹介された、ジャーナリスト・木村太郎さんの「(銅メダルを謝罪するのは)もう止めましょうよ。日本は柔道大国ではない」という発言を「トンチンカン」と断じ、「選手が金を狙いにいってるんだよ。こういうお情けかけられて、選手はどう思うの」と反論した。

   また、小木さんも11日放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、「すんごい謝ってほしいもん、俺、銅メダル」「そこは(選手を)叩くべきだよ」「金以外は謝ってもらわないとダメだよ」と強く主張した。

   これに対し、相方の矢作兼さんも同番組内で「オリンピックで、銅メダルで謝るスポーツがあるなんてすごいことだよな」「カッコいいよなむしろ。あれを謝らなくていい、とかそういうことじゃない」「金を取ることが当たり前とされているスポーツなんて、日本人がだよ、すごいことだよ」と肯定的にとらえた。

選手帰国後もツイッターで議論

   「銅メダルで謝罪」の是非をめぐる議論は、ネット上を中心に巻き起こった。きっかけは、柔道女子48キロ級の近藤亜美選手や柔道男子81キロ級の永瀬貴規選手が8月6日から9日にかけて、銅メダルを獲得したことについて、「申し訳ない気持ちでいっぱいです」「金しか狙っていなかった」などと悔しがったことだ。

   これに対して、ネット上の反応は、「銅メダルで謝罪」に否定的な声が圧倒的に多い。 8月15日に柔道の日本代表が帰国してもなお、議論はやまず、坂上さんや小木さんの発言に対して、8月17日現在もツイッターで

「メダルの色より悔いなく戦えたかが重要」
「選手に失礼」
「何様なんだ」

と批判が寄せられ続けている。

   J-CASTニュースでは8月10日に「柔道『銅でご免なさい』の空気感 五輪選手が可哀想?」の記事を配信し、柔道選手が銅メダルをとっても謝罪することの是非について読者アンケートを実施した。

   8月17日18時までに2162票が集まり、「素直に喜ぶべき」が全体の55.8パーセントで最も多く、「謝罪するのが当然だ」は4.9%にとどまっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中