ロンブー淳、SMAPファンに謝罪 「解散の原因探って意味ある?」に批判殺到

印刷

   お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが2016年8月16日、アイドルグループ「SMAP」の解散について、「解散の意味を探ることに意味があるのか」とツイートし、SMAPファンから批判を受けた。

   田村さんはその後、「色んな意見があっていいはず」などと釈明したものの、批判はやまず、結局1日たって謝罪に追い込まれた。

  • ファンの勢いに「こわいなぁ」(画像は田村さんのツイッターより)
    ファンの勢いに「こわいなぁ」(画像は田村さんのツイッターより)

「こわいなぁ、色んな意見があっていいはずなんだけど」

   田村さんは16年8月16日、SMAPの解散について、

「とても残念な事ではあるけれど...解散の原因を探るのって意味があるのかな?これまでの功績を讃えるだけではダメなんだろうか?ただただありがとうって伝えたい」

とツイートした。

   しかし、解散の経緯をめぐるさまざまな報道を目にしていたSMAPファンから

「ファンはこんなんじゃ悔しいんです」
「意味ありますよ。大事ですよ」
「ファンだから感じる違和感が拭えない」

などと反論が殺到。

   これを受け、同日中に「こわいなぁ... おそろしい... 色んな意見があっていいはずなんだけど... 自分と意見が違うだけで、よくもそんな罵詈雑言をぶつけられるもんだ...」と愚痴をもらしたものの、17日に結局

「僕の呟きでSMAPファンの方に不快な思いをさせてしまいごめんなさい」

と謝罪した。

「叩きやすいところを叩く みんなが叩くから叩く」

   そして、「メンバー本人達の言葉が無いのに、憶測、推測、不確かな情報だけで、情報番組が解散の原因を探る事は意味あるの?って事が伝えたかった」とツイートの真意を説明し、SMAP解散について「これ以上はもう呟きません」と断言した。

   しかし、批判を受けたことが腹に据えかねたのか、その数時間後に「布団の話です」とことわりつつ、

「叩きやすいところを叩く みんなが叩くから叩く 本当に叩く場所はココですか? よく考えて叩かないと... 払うべき埃は払えないよ...」

と意味深なツイートを投稿している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中