SMAP25周年イベント、一転見送り ファン企画に西武園ゆうえんち「困難」

印刷

   SMAPの解散発表を受けてファン有志が企画していた、「西武園ゆうえんち」(埼玉県所沢市)でのデビュー25周年イベントが見送りになった。西武園ゆうえんち側が2016年8月18日、公式サイトで発表した。

   同施設は1991年にSMAPがデビューイベントを開催した思い出の地だ。今回企画されたイベントは一部ワイドショーやスポーツ紙でも取り上げられるなど、大きな注目を集めていた。

  • 一度は主催者が「正式決定」と発表していたが…
    一度は主催者が「正式決定」と発表していたが…

参加希望者は4000人超えていた

   企画したのは、SMAPファンの1人。「SMAPのデビュー25周年を盛大に祝いたい!」「グループ存続への願いを届けたい」といった思いから、ファンだけで集まるイベントを発案した。デビュー日にあたる9月9日に同施設で開催することを目指し、15日からオンライン署名サイト「Change.org」で参加希望者を募っていた。賛同者は同日深夜までに2000人を超え、18日18時点では4000人以上になっている。

   主催者は15日の段階で、西武園ゆうえんちでの開催が正式決定したと発表していたのだが、一転、イベントは見送りとなってしまった。

   西武園ゆうえんちは18日、公式サイトで「9月9日(金)に『SMAPデビュー祝25周年パーティー』を当園にて開催するという内容が、多数のメディアなどで取りあげられておりますが、本イベント開催にあたり、さまざまな課題があり、それを解消することは困難であることから、本イベントをお受けすることは、見送らせていただきました」とのコメントを発表した。

主催者「本当に本当に申し訳ありませんでした」

   なお、主催者も17日のブログで、施設側から「開催できないという結論に至った」との報告があったことを明かしている。

「一度は許可してくださり、とても好意的だった西武園ゆうえんち様にお礼と多大なるご迷惑をおかけしたことはお詫びをしても、し足りません。先方様も今回のイベントの中止は苦渋の判断であったと思います」

と悔しさをにじませた。

   また、参加準備を進めていた人や応援してくれた人に対しても「本当に本当に申し訳ありませんでした」と謝罪し、別のタイミング、場所で25周年イベントを開催できるよう準備を進めていくとした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中