「タカマツ」ペアが金、日本バド界初 奥原は銅確定、相手選手が棄権

印刷

   リオデジャネイロ五輪はバドミントン女子ダブルス決勝が2016年8月19日未明(日本時間)に行われ、日本の高橋礼華、松友美佐紀両選手のペアがデンマークのクリスティナ・ペデルセン、カミラ・リターユヒル両選手のペアに勝利し、金メダルに輝いた。五輪での金は、バドミントン競技全種目を通じて日本初。

   第1ゲームを18-21で落とした「タカマツ」だったが、第2ゲームは終始リードを保って21-9で取る。最終第3ゲームは終盤まで拮抗。16-16から3連続ポイントを許したが、そこから逆転の5連続ポイント。最終的には21-19でもぎ取り、金メダルを決めた。

   女子シングルスに出場した奥原希望(のぞみ)選手は18日、準決勝でインドのシンドゥ・プサルラ選手に敗れ、19日の3位決定戦に回ることとなったが、対戦相手の中国・李雪ゼイ選手が棄権。試合を待たずに奥原選手の銅メダルが確定した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中