ボルト、200メートルも「金」 2種目で五輪3連覇

印刷

   リオデジャネイロ五輪14日目の2016年8月18日(日本時間19日朝)、男子200メートルの決勝で、世界記録保持者のウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)が19秒78で金メダルを獲得し、100メートルとの2種目で五輪史上初の3連覇を達成した。

   スタート直後から独走状態に入り、リードを守ってゴールイン。2位のアンドレ・ドグラス選手(カナダ)は20秒02、3位のクリストフ・ルメートル選手(フランス)は20秒12だった。

   ボルトは19日、400メートルリレーの決勝で3大会連続の3冠達成に挑む。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中