オリラジ写真集めぐり出版社が謝罪 「同性同士の同棲を変態と言うのか」

印刷

   お笑いコンビのオリエンタルラジオが「変態」写真集を出すとうたって、ネット上で物議を醸している。実際は「萌え」を狙ったようなのだが...。

「『もし、オリラジのふたりが一緒に暮らしていたら』 究極の変態写真集です!」
  • ツイートが物議
    ツイートが物議

アマゾンの本の売れ筋ランキングで3位に

   きっかけは、オリラジ初の写真集「DOUSEI-ドウセイ-」を手がけた写真家の青山裕企(ゆうき)さん(38)が2016年8月16日にこうツイートしたことだ。

   青山さんは、スカートのめくり方などを題材にしたフェチズムの写真家として知られる。ツイートの投稿画像を見ると、今回の写真集には、「腐女子」向けのボーイズラブを狙ったようなものがあった。

   オリラジの中田敦彦さん(33)がフォークを持って相方の藤森慎吾さん(33)に食べさせてあげているところや、2人が同じベッドで向き合って寝ていたり、藤森さんが中田さんのネクタイを結んであげたりするシーンがそれだ。この写真集は、KADOKAWAから9月2日に発売される予定になっている。

   8月16日のネットニュースでも、オリラジの中田さんが青山さんの作品の「変態性」に惹かれ、自分たちの「究極の変態写真集」を作ってほしいと青山さんに依頼したと報じている。ニュースは、青山さんらのツイートでも紹介されていた。

   ツイッター上では、ファンらから2人の写真集に期待の声が次々に上がり、予約も相次いだのか、この日のうちにアマゾンの本の売れ筋ランキングで3位に入っていた。

「傷ついたかたがいることは、申し訳なく思っております」

   しかし、青山さんが「変態写真集」と表現したことに、ツイッターなどで次々に批判も寄せられた。

「同性同士の同棲を変態と呼ばないで欲しい」
「どう考えても差別的で非常識」
「同性愛者に失礼だろ」

こうした批判に対し、青山裕企さんは8月16日のツイッターで、誤解がないようにとして、「究極の変態=同性同士の同棲という意味ではなく、端的に言えば、青山=変態的な視点という意味なので、よろしくお願いいたします」と釈明した。また、KADOKAWA文芸編集部のツイッターでもこの日、担当編集者が「『同性どうし』"だから"『変態』という意識はみじんも有りません。『変態』ということばは、『青山さんの写真表現』に依るものです」と補足説明した。

   つまり、同性愛者を変態だと言っているわけではなく、青山さんの視点が変態的ということらしい。ただ、担当編集者は、「差別を発想してしまったかたがいること、それにより傷ついたかたがいることは、申し訳なく思っております」とツイートで謝罪した。

   ツイッターやニュースのコメント欄では、2人の写真集は、ボーイズラブ風であることから、「変態」というよりむしろ「萌え」ではないかとの指摘が支持を集めている。それを「変態」と表現したから誤解を招いたとして、青山さんらの釈明について「これは苦しい言い訳ですね」といった声が出ていた。

   さらに、今回の騒ぎは話題作りではないのかとのうがった見方もあり、オリラジに対して、「最近どこを目指しているのか」「お笑い辞めたいの?」「こんな写真集を出す意味がわかんない」と冷ややかな声も漏れている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中