任天堂、マリナーズ筆頭オーナーを退く 保有株の売却決定

印刷

   任天堂は2016年8月22日、米国子会社「Nintendo of America」が持つ米大リーグ、シアトル・マリナーズの所有権について、一部を残して6億6100万ドル(約660億円)で売却すると発表した。米大リーグ機構の承認が得られた。連結業績に与える影響額の計算は、まだしばらくかかる見通しだという。

   1992年12月、当時の社長だった故・山内溥(ひろし)氏が経営悪化に苦しむ同球団へ出資し、筆頭オーナーとなった。2004年8月に任天堂の米国子会社が山内氏の保有分を取得。そして16年4月、保有分の一部を売却し、同球団の筆頭オーナーから退く方針であることを発表していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中