蓮舫氏が語った民進党に「ない」もの 代表選前に現状分析

印刷

   2016年8月23日、東京・有楽町にある日本外国特派員協会で、民進党代表代行の蓮舫氏(48)が、9月7日に行われる民進党としては初となる代表選への意気込みを語った。

   「対案のある政党」と「人への投資」をキーワードに、スピーチと質疑応答をそれぞれ30分ずつ行った。

  • 代表選への意気込みを語る蓮舫氏(2016年8月23日 日本外国特派員協会にてJキャスト撮影)
    代表選への意気込みを語る蓮舫氏(2016年8月23日 日本外国特派員協会にてJキャスト撮影)

社会保障と教育を重視

   蓮舫氏はスピーチの冒頭で、

「民進党には多様な人材が居ます。そして政策もあります。残念ながら無いのは、信頼です」

と述べ、民進党がしっかりと対案がある政党だと強調。自らが代表となることで、「批判しかしていない」という党のイメージを変え、時間をかけてでも信頼を取り戻し、今回の代表選を政権選択や2大政党の始まりとしたいと語った。

   また、アベノミクスに関して「素晴らしいと思います。我々が出来ないことを全部やりました」と一定の理解を示しつつも、「この時代には通じなかった」とその成果については批判した。

   アベノミクスとの対比として、自身の政策のキーワードは人への投資であり、社会保障と教育を重視していることを強調した。

   同代表選に立候補表明したのは、これまでのところ蓮舫氏だけだが、前原誠司元外相の立候補を模索する動きにも注目が集まっている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中