「国の寿」酒蔵が破産へ 1890年創業の老舗

印刷

   1890(明治23)年創業、126年の歴史を持つ酒蔵で、「国の寿」の銘柄で知られる目野酒造が事業を停止し、破産手続きに入った。東京商工リサーチが2016年8月23日、発表した。負債総額は約2億円。水郷で知られる福岡・柳川市で唯一の酒蔵として営業していた。

   東京商工リサーチの発表によると、消費者の日本酒離れや消費低迷などが需要低迷に拍車をかけ、売上高が減少。1997年9月期には約2億4000万円を売り上げていたが、2015年9月期には約1億1800万円に落ち込んでいた。また、原料高などもあり収益が悪化し資金繰りがひっ迫していた。

   代表銘柄「国の寿」は、100年余の実績があり、地元福岡産の山田錦を精米。自社培養酵母で高温糖化酒母によって仕込まれ、全国新酒鑑評会で金賞を受賞したことがある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中