「有吉&夏目」完全スルーのナゼ 「事務所の否定」も報じない朝ワイド

印刷

   この話題に朝のワイドショーは驚くほど静かだ。真剣交際が一部で報じられた有吉弘行さん(42)と夏目三久さん(32)のことである。事実であればビッグカップル誕生なのだが......

   ワイドショーの芸能コーナーといえば、スポーツ紙や週刊誌の記事をもとに話題を紹介するパターンは珍しくない。かたや10本以上のレギュラー番組を抱えるお笑いタレント、かたや「朝の顔」として活躍しているアナウンサーという人気者同士の話で、世間の関心は高そうだが、ワイドショーは慎重になっているようだ。熱愛を報じたスポーツ紙報道も、事務所側の否定コメントを伝えた記事も紹介しなかった。

  • 「あさチャン!」では2日間とも報道に触れず(画像は「あさチャン!」サイトのスクリーンショット)
    「あさチャン!」では2日間とも報道に触れず(画像は「あさチャン!」サイトのスクリーンショット)

本人出演の「あさチャン!」以外でも一切触れず...

   2人の交際を報じたのは、2016年8月24日付の日刊スポーツ。「夏目三久 有吉の子供 妊娠」「熱愛!!結婚は未定」との見出しを付けて大々的に報じた。

   これを受け、夏目さんが生出演する同日朝放送のTBS系「あさチャン!」(5時25分~)に注目が集まったが、24日の番組は報道に触れないまま終了した。同番組のコンセプトは「『今』欲しい情報を『今』伝える」。しかし、日刊スポーツの「特ダネ」の真相を語れる当事者の一人は否定も肯定もせず、だんまりを決め込んだ。

   これに対してはネット上では、「まだ発表する段階ではないんだろうね」「あとで正式になんらかの報告するでしょう」との声が少なくなかった。ニッカン報道を信じている人たちの反応だ。

   TBS系では、その後の「白熱ライブ ビビット」(8時~)でもスルーした。一方、当事者が出演していない他番組はどうだったか。

   ビビットと同じ時間帯の日本テレビ系「スッキリ!!」、フジテレビ系「とくダネ!」、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」でも同報道を取り上げることは一切なかった。

   朝のワイドショー総スルーの中、事は動いた。24日夜、有吉さんが報道後初めてツイッターを更新したのだ。「これを狐につままれたような気分というのか。。。」という報道に直接触れない意味深な内容は注目を集めた。

   さらに25日未明には、双方の所属事務所が「事実無根」と報道を全否定したことをスポニチアネックスが報道。その一方で25日付の日刊スポーツが「年内結婚」と続報を打ち、ファンらの関心は一層高まった。

阿曽山大噴火「全く触れなかったのも不自然」

   それでも、先に上げた朝のワイドショーは、25日も関連報道はなし。各番組では、逮捕された俳優の高畑裕太容疑者や解散問題に揺れるSMAP、リオから帰国した五輪出場選手たちなどの話題が中心で、有吉さんの「あ」の字もなかった。

   こうした状況を不自然と感じた人は少なくなかったようだ。インターネット上では

「ワイドショーとか全然触れなかったね。高畑の方があったとはいえ、全くないってどゆこと?」
「こんなビッグニュースを一切スルーって。テレビって本当に誰かにコントロールされてる感がすごい」

などと不思議がる声が目立っている。裁判傍聴芸人の阿曽山大噴火さんも25日朝、ツイッターで「日刊スポーツは何かを掴んでる?昨日のニュースやワイドショーでスポーツ紙一面に全く触れなかったのも不自然だし。2人の結婚に反対してる誰かがいるとか?」と勘ぐった。

   勿論、各局が独自取材で、熱愛報道の信憑性は低いなどと判断して見送った可能性もある。

   2人のそれぞれの所属事務所は、いずれもニッカン報道を否定し、夏目さんの事務所では「法的措置も検討している」とスポニチ取材に答えている。有吉さんは高島礼子さんや柳原可奈子さんらがいる太田プロダクション、夏目さんはタモリさんや堺雅人さんも所属する田辺エージェンシーに所属している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中