高畑淳子、謝罪会見でも「親バカ」 「こういうときもかばおうとしてしまう」

印刷

   俳優・高畑裕太容疑者の逮捕をうけ、2016年8月26日朝に謝罪会見を開いた母親で女優の高畑淳子さん。

   憔悴しきった様子ながらも、報道陣の質問に一つ一つ丁寧に答える姿が印象的だった。ただ、「親はバカなもので」と自身も述べるように、裕太容疑者を「かばう」発言も目立った。

  • 「子離れ」するのが筋だった?(2016年8月26日撮影)
    「子離れ」するのが筋だった?(2016年8月26日撮影)

「私はどんなときでもお母さんだから」

   淳子さんは、会見冒頭「このたびは...大変な...ご迷惑をおかけしました...大変なことをしてしまいました...」と言葉を詰まらせながら謝罪し、「(裕太容疑者は)目を腫らし、震えて泣いていた」と16年8月25日の接見時を振り返った。

   続けて、学生時代は規律を守れなかった、綺麗な女性芸能人にうかれていた、と過去に見た裕太容疑者の「危うさ」を明かすと、事件を起こしたことについて「彼の甘さだと思います」「ここまで愚かだとは思いませんでした」とバッサリ。芸能界復帰も「してはいけないと思います」と断言した。さらに、自身も「私の育て方がいけなかったんだと思います」と後悔をにじませた。

   しかし、「親はバカな生きもので、こういうときでも子どもをかばおうとしてしまう」と述べた。「不謹慎かも知れませんが...」と前置きしたうえで、「私はどんなときでもお母さんだから、姉はどんなときもお姉ちゃんだから」と、裕太容疑者と接見時に伝えたことを涙ながらに明かす場面もあった。

   こうした発言に対し、ツイッターで

「『あんたなんかもう息子じゃない!』と子離れ親離れするのが筋」
「子が子なら親も親」
「甘すぎるというか親バカ過ぎ」

といった厳しい声も上がっている。

証拠隠滅の可能性があり、「事件の話」はNG

   「親バカ」発言に加えて注目を集めたのが、「接見時、事件について話すと以後接見ができなくなる」という説明だ。淳子さんは「裕太容疑者は容疑を認めているか」といった質問に、上記の説明を何度か繰り返した。

   逮捕された容疑者と接見する際、面会者は、容疑の事件について話せないのか。アディーレ法律事務所の鈴木淳也弁護士(札幌弁護士会所属)はJ-CASTニュースの取材に、「(高畑さんの)言っていることは正しいです」と語る。

   鈴木弁護士は

「一般の人の接見にあたっては、回数(1日1回)や時間(15分)、会話内容を事前に厳しく制限されますし、警察の留置係も同席します。事件に触れられない理由は、証拠隠滅の可能性があるからです」

と説明する。警察は、裁判所の許可をうけて接見禁止を命じることもできるという。一方で、弁護士は制限なく被疑者から事件について聞き取り調査ができ、弁護士はそこで聞き取った内容を家族に伝えるわけだ。

   淳子さんも弁護士から裕太容疑者の認否を聞いている可能性があるが、8月26日の会見でそのことを明かすことはなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中