高畑淳子謝罪で「親の責任論」再注目 みのもんたと比較「誠実」か「筋違い」か

印刷

   俳優の高畑裕太容疑者が逮捕され、母で女優の高畑淳子さんは2016年8月26日朝、記者会見で謝罪した。時折、目に涙を浮かべながら、報道陣の質問に丁寧に答えていた。

   会見の模様は、民放テレビ各局の情報番組で生中継されたが、評価は分かれた。「親として誠実」「愛情深い素敵なお母さん」と理解を示す声が寄せられた一方、被害者の心情に配慮が足りないとの批判や、親が成人した息子の罪を謝罪せねばならないのか疑問を抱く人もいる。

  • 涙ぐむ高畑さん(16年8月26日撮影)
    涙ぐむ高畑さん(16年8月26日撮影)

「素晴らしい女優さん」「被害者が見たら不愉快な会見」

   教育評論家の尾木直樹氏は8月26日、高畑さんの謝罪会見についてブログで、

「あんなに心からの 演出も何もない誠実な謝罪会見 見たことがありません...本当に素晴らしいお人柄 素晴らしい女優さんそして、愛情深い素敵なお母さんなんだなぁ...となかば感動すら覚えました...」

と「全面支持」の内容をつづった。

   女優の真矢ミキさんも情報番組「白熱ライブ ビビッド」(TBS系)の生放送で、「母として、女優として、加害者の親として、誠実に向かわれているのが分かった」と高畑さんの説明を評価した。

   だが、被害者の心情をおもんぱかるべきだとして物足りなさを指摘する人もいた。

   26日の情報番組「ひるおび!」(TBS系)に出演した世界被害者学会理事の諸澤英道氏は、

「『息子が刑務所から戻ってくるまで一切仕事止めます』と思い詰めるほどだったら、会見を開く意味があった。息子に対するメッセージという意味はあったが、被害者や周辺の人が見たら非常に不愉快な記者会見だったと思う」

と残念がる。

   同日の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)では、ジャーナリストの江川紹子氏が「被害者の方からすると、こうやって大きく扱われたり、色んなイベントがあったりすること自体、実はつらいんじゃないかなって思います」と述べた。

   ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、謝罪会見の開催自体を疑問視した。

「なんでこの人達が謝罪しなくちゃいけないのかと思うものがありますが、結局これって日本の中に蔓延する『謝罪をしなくてはいけない空気』ってものに従った結果なのですよ。本来、愚行を犯した者が謝罪をすればいいし、迷惑をかけた人間にだけ謝罪をすればいい」

と8月27日付ブログに記した。

成人の子の犯罪に親はどうすべき

   8月26日放送の「news every」(日本テレビ系)に出演した中央大学法科大学院の野村修也教授は、「親の責任の重さを痛感するが、親にできることの限界もあると思う。成人が犯した罪なので、本人の罪と親の責任は切り分けて考える必要がある」と述べた。

   「親の責任論」は、タレントのみのもんたさんの次男が2013年9月、窃盗未遂の疑いで逮捕された際にクローズアップされた。次男の逮捕から2日後、みのさんは自宅前での記者との質疑応答で、31歳の息子の責任を背負うべきだと言われるのは筋違いだと主張。その後もラジオ番組で「私は別に何をやったわけでもない」「あくまでこれは他人のこと」と発言した。

   みのさんはその後、司会を務めていた情報番組を降板したが、ネット上では最初のみのさんの発言に対する批判が止まなかった。

   高畑さんとみのさんを比較し、ツイッターには

「高畑淳子の会見にとやかく言う人いるけどみのもんたの会見に比べたら比較にならないくらい立派だと思うけど」
「みのもんたの時も思ったけど、なんで高畑淳子さんが謝ったり仕事失ったりするほど責められなければいけないんだろう」
「みのもんたの時はさんざん叩かれてたのに、高畑淳子の時は同情ムード笑 所詮雰囲気かな」

との書き込みが見られた。

   評論家の宮崎哲弥氏は26日放送の「ひるおび」で、高畑淳子さんの「親の責任」について、

「過去にも大女優のご子息が薬物事件を起こしたり、大物司会者のご子息が窃盗事件を起こしたりした。それをふまえてどう考えるかになるが、この事件自体が今までになく重大で、凶悪な事件だということが前提にならなければならない」

と語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中