ヤクルト山田哲人は「イチロー後継者」 2年連続トリプルスリー「確実」

印刷

   ヤクルトの山田哲人が2年連続の打率3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリーを確実にした。史上初の快挙でスーパースターの資格を得たといえるだろう。

   山田は2016年9月6日のDeNA戦(横浜)で二盗に成功、今季30個目の盗塁をマークした。すでに本塁打は30本を超えており、積み重ね記録の本塁打、盗塁はクリアとなった。残る打率も3割2分台半ばだから、これから3割を切ることはほぼありえない。

  • 山田哲人が史上初の2年連続のトリプルスリーを確実にした。(写真はイメージ)
    山田哲人が史上初の2年連続のトリプルスリーを確実にした。(写真はイメージ)

記録保持者はたった10人

「2年連続はだれもやっていないと聞いていたので、今シーズンはその目標にプレーしてきた」

   史上初を確実にした山田は達成感をそう言い表した。

「だれにも真似ができない。すごい選手だよ」

   ヤクルトをはじめ、各チームから賞賛の声が上がった。

   確実性、長打力、そしてスピード。野球選手が理想とする数字をこともなくやってのけた。野球の申し子と言っていいだろう。

   山田は昨(15)年、素質を一気に開花させた。打率3割2分9厘、本塁打38、盗塁34。本塁打と盗塁はタイトルを取り、打率は2位だった。チームの優勝に貢献し、MVPに選ばれた。今年はチームが低調のためあまり騒がれていないが、しっかりと成績を残していた。

   トリプルスリーはこれまで山田を含め10人が記録しているにすぎない。別当薫、岩本義行、中西太、蓑田浩二、秋山幸二、野村謙二郎、金本知憲、松井稼頭央、柳田悠岐である。貴公子・別当、神主打法・岩本、怪童・中西の3人はいずれも殿堂入りしているオールドファンにとって懐かしい選手だ。

   一方、大ちょんぼでこの大記録を逃したスーパースターがいる。

   1958年のシーズンに打率3割5厘、本塁打29、盗塁37をマークした新人である。外野スタンドに打ち込みながら、一塁ベースを踏み損ねたためにホームランをフイにしてしまった。それで1本足りない結果となった。

「うっかりチョーさん」

   長嶋茂雄がそのバッターである。この年の長嶋は本塁打と打点のタイトルを手にし、打率は2位。つまり凖三冠王だった。

   その長嶋に付けられた「ゴールデンボーイ」「燃える男」「ミスター」などのニックネームはあまりにも有名だが、実は「うっかりチョーさん」という呼び名もあった。

   山田はいまや日本球界を代表する打者である。大リーグで活躍する姿を見てみたいと期待するファンは増えていると思う。イチローの後継としてその日がやってくることは間違いない。

   昨年、山田とともにトリプルスリーで話題となったソフトバンクの柳田は調子が上がらず、現在はケガで欠場している。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中