小林麻央はその時、何度も乳房を触り直した 「どきっ。なんだこれ」

印刷

   乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が、自身の左胸にしこりを発見した時の心境をブログで明かしている。

   見つけたのは2014年10月のこと。息子の勸玄くんと遊んでいた際に「何気なく」左の乳房を触ったところ、ある異変に気付いたという。

  • ブログでは、がん告知までの経緯を少しずつ綴っている(画像は麻央さん公式ブログのスクリーンショット)
    ブログでは、がん告知までの経緯を少しずつ綴っている(画像は麻央さん公式ブログのスクリーンショット)
  • 夫の海老蔵さんも麻央さんの記事をリブログした上で、2014年10月当時に言及した(画像は海老蔵さん公式ブログのスクリーンショット)
    夫の海老蔵さんも麻央さんの記事をリブログした上で、2014年10月当時に言及した(画像は海老蔵さん公式ブログのスクリーンショット)

「息子の声も、遠のいていきました」

   「どきっ。いきなり本当にパチンコ玉のようなしこりに触れたのです。なんだこれ」――。2016年9月13日のブログでこう振り返る。何度も触り直すも、やはりしこりはあったという。

   麻央さんは「悪性だと、しこりが動かない 良性だと、しこりが動く」と聞いていたため、確認しようとしたが、自身では動いているかどうか判断できなかったそうだ。それでも良性であってほしいとの思いから「無理やりでも動かすように 思いっきりしこりを押しました汗」という。

「だんだん、おもちゃの音も、息子の声も、遠のいていきました」

という一文からは大きなショックを受けている様子がうかがえる。

   麻央さんは9月1日のブログ開設後、がん告知までの経緯を少しずつ綴っている。もともと2014年2月の人間ドックで腫瘍が見つかったが、その後の再検査では「癌を疑うようなものではない」と診断されていた。以降は忙しい日々を送り、念のために受けようと考えていた半年後(8月)の検査も受けられずじまいになっていた。

   先の13日ブログの翌14日更新内容によれば、しこり発見後、麻央さんはすぐに診察の予約を入れたという。「どうしよう。やってしまった。8月だったのに。8月だったのに。半年後は8月だったのに。やってしまった」と、再検査の予定時期から2か月過ぎてしまったことに対する当時の後悔の念を綴った。

   夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)も13日更新のブログで、

「あの時の10月、私は日本橋の方で舞台でした。あの時 近くのホテルで結果を聞き 愕然とし 2人で手をつないで ホテルのベットで 私は 途方にくれていた」

と当時のことを振り返った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中