菅官房長官、猪木氏訪朝を「極めて不適切」と非難

印刷

   菅義偉官房長官は2016年9月13日の会見で、アントニオ猪木参院議員が北朝鮮を訪問したことについて「極めて不適切であったと思わざるを得ない」などと強い不快感を示した。日本政府は北朝鮮への制裁措置の一環として、日本国民の北朝鮮への渡航自粛を求めている。

   猪木氏は、スポーツ交流を目的に9月9日に平壌入り。この日、北朝鮮は5回目の核実験を行った。翌10日には朝鮮労働党の国際部門を統括するリ・スヨン副委員長と会談し、「核実験は日本に向けたものではない」などと説明を受けたという。猪木氏は13日夜に帰国した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中