「手のひら認証」だけで口座開設も 大垣共立銀行が2017年春から

印刷

   岐阜県大垣市に本店を置く大垣共立銀行(OKB)は、「手のひら」をかざすだけで銀行口座の開設から窓口やATMでの預金の引き出し、振り込みなどの取引ができるサービスを、2017年春から開始する。16年9月14日、発表した。印鑑や通帳、キャッシュカードが不要になる、全国初のサービスという。

   「手のひら認証」を登録し、個人向けのダイレクトバンキングサービス「スーパーOKダイレクト」の契約を結ぶと、印鑑なし、通帳なし、キャッシュカードなしの「無通帳型総合口座(愛称、OKBピピット口座)」が使える。ただし、キャッシュカードの発行は選択できる。

   また希望すれば、印鑑なしで通帳を発行する「届け出印不要の預金口座」も取り扱う。同行によると、定期預金の作成や解約、外貨預金や国債の購入などのほぼすべての銀行取引が「手のひら」だけでできるという。

   OKBでは2012年9月からキャッシュカードや通帳がなくても、手のひらだけで取引できる「手のひら認証ATM『ピピット』」を導入。手のひら認証の登録者はすでに40万人を超えている。印鑑登録している預金者を含め、手続きをすれば、口座番号の変更なしに利用できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中