最新技術の「VR」学会で「ポケモンGO」禁止 「なぜ?」、会場に理由を聞いた

印刷

   2016年9月14日から行われている「第21回 日本バーチャルリアリティ学会大会」(以下、「VR学会」)の会場「つくば国際会議場」(茨城県つくば市)で、人気スマートフォンゲーム「ポケモンGO」のプレーが禁止されている。

   VR学会は、大学や研究機関の参加者がVR(バーチャルリアリティ、仮想現実)の利用法などを発表するイベント。ポケモンGOは「AR」(拡張現実)対応のゲームだが、ARと同じく「最先端技術」を扱う学会で使用が禁止されたこともあり、ネットに困惑の声が寄せられている。

  • トラブルは起こっていないが…(写真はつくば国際会議場の館内。Wikimedia Commonsより)
    トラブルは起こっていないが…(写真はつくば国際会議場の館内。Wikimedia Commonsより)

ポケモンGOがVRに対応する可能性もすでに指摘

   「VR学会」は9月14日から16日まで、つくば国際会議場で行われる。大会を主催するのは、VR(バーチャルリアリティ、仮想現実)技術への貢献を目的に設立されたNPO法人「日本バーチャルリアリティ学会」。

   そんな「VR学会」でポケモンGOがプレーできない、と学会の参加者が大会初日の14日にツイッターで報告した。その参加者は、館内掲示された注意書きの写真も同時に投稿。写真を見る限り、ゲームに登場するキャラクター、ピカチュウのシルエットの上から赤線が引かれたイラストに「NO HUNTING」「館内での捕獲行為はご遠慮ください」といった文章が添えられている。

   現時点でポケモンGOが対応しているのはARのみ。一方、「VR学会」もポケモンGOも最新技術をテーマにしている点は共通だ。加えて、アメリカのニュースメディア「ビジネスインサイダー」は7月11日公開の記事で、ライセンス上の表記からポケモンGOが将来、VRに対応する可能性を指摘している。

   そうしたことも背景にあるのか、

「ARはダメ!ぷんぷん!ということだろうか...」
    「(ポケモンGOが)ARでなくVRを使ったGPSゲーだったらこんなことにはなってなかった...」

といった反応がツイッターに寄せられた。

会議場の担当者は「トラブルを未然に防ぐため」

   「捕獲禁止」の理由をつくば国際会議場の事務局に聞いた。担当者は9月14日、J-CASTニュースの取材に「会議場の方針でプレー禁止にしている」と明かし、「場所柄、学会の開催地となることも多く、いろいろな客がいる。そうした意味もあり、トラブルを未然に防ぐため禁止している」と語る。

   禁止の方針を決めたのはゲームがリリースされて間もないころで、「『ポケモンGO』きっかけのトラブルはまだ起こっていない」という。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中