ヒラリー氏健康状態は「優良」 陣営側が公表

印刷

   肺炎で米大統領選を休養中の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(68)に関し同氏陣営は2016年9月14日(現地時間)、健康状態は順調に回復しており「大統領の公務を務めることに適している」との主治医の診断書を公表した。

   ヒラリー氏は9月11日のアメリカ同時多発テロの式典中に退場し、病院に緊急搬送された。陣営によれば、9月9日に胸のCTスキャンを行った際に軽度で非感染性の細菌性肺炎に罹っている事が分かっていた。倒れた後は抗生物質の投与と静養で順調に回復している。コレステロール値や血圧、心拍数も平常で健康状態は優良のため、15日に遊説を再開するという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中