NTTコム、社員のラグビー観戦マナーに大ブーイング チームと本社が「謝罪」

印刷

   社会人ラグビーの強豪として知られるNTTコミュニケーションズ(東京都千代田区、NTTコム)社員の「観戦マナー」に大ブーイングが巻き起こった。

   2016年9月9日夜に東京・秩父宮ラグビー場で行われた試合でのこと。観客席にいた一部の社員がテープで場所を占拠したうえ、座席下にゴミを放置。居合わせた一般観戦者がその「行状」をツイッターで告発すると、非難の声が殺到した。

  • 試合には勝ったけど…(写真は秩父宮ラグビー場。Wikimedia Commonsより)
    試合には勝ったけど…(写真は秩父宮ラグビー場。Wikimedia Commonsより)

「テープで職場ごとに席確保、ゴミは捨てっぱなし」

   NTTコムのラグビーチームは9月9日のトップリーグ第3節第1日で、NECと激突。33-15で逆転勝利を収めた。

   ナイトゲームで、人気チーム同士の対戦とあり、大勢の観客が来場。NTTコムの逆転劇に沸いた。しかし、チームに惜しみない拍手が送られる中、観客席にいた社員の一部は逆に「ブーイング」を浴びることとなった。

   13日になって、一般の観客の1人が「無料招待だったNTTコム社員達に怒り」とツイッターで切り出し、

「席確保禁止は構わずテープで職場ごとに席確保。1人で3席使って食事しながら社員選手の仕事の失敗談で盛り上がる。挙げ句の果てにゴミは捨てっぱなし。うちわくらい持って帰れ。NTTコム、ラグビーチームは好きだったのに」

と観戦マナーの悪さを「暴露」。

   合わせて、ビル名が書かれた白い紙とテープで広範囲にわたり座席が占拠されている様子、座席下に大量のゴミが置かれた様子を写真で投稿した。

   ツイートは拡散し、

「こういうの見ちゃうと残念です」
「これは酷い」
「ラグビーファンとして胸が痛みます」

と厳しい批判が寄せられた。同社ラグビー部の公式アカウントは13日、寄せられた批判に対し

「ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。今後このようなことが無いように、観戦マナーの周知に努めていきます。よろしくお願いします」

と謝罪のリプライを送っている。

「ファンの方への配慮が足りなかった、と反省しております」

   NTTコムの広報担当者はJ-CASTニュースの取材に、「広い範囲で席を確保していた、席の下のゴミを拾わなかった、といった行為を確認しています」と明かしたうえで、

「ファンの方への配慮が足りなかった、と反省しております。本件に関しては、すべての部署に通達しております」

と謝罪の言葉を述べた。

   多くの社員は、屋根のないバックスタンド(東スタンド)側で観戦。「このビルのこの組織はここ」といったように、特定の場所へ固まっていたようだ。そして、社員はすべて「無料招待」されていたという(一般観戦者は有料)。

「今までの試合でも『席を取る』慣習があったようです。今回は現場に派遣されていた社員が、過度なものに関しては注意していました。しかし、十分でなかったと感じています」(広報担当者)

   同社は、ユアテックスタジアム(宮城県仙台市)で17日に行われる次の試合でも、社員を現地派遣し、今回のようなことがないよう注意の眼を光らせるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中