小林麻央「転移」の生々しい告白 読者「このようにはっきり伺うと...」

印刷

   乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が病気の進行状況の現状を初告白した。

   2016年9月20日朝に更新したブログで、肺や骨などにも転移していることを打ち明けた。

  • ブログで現在の進行状況を告白(画像は小林麻央さん公式ブログのスクリーンショット)
    ブログで現在の進行状況を告白(画像は小林麻央さん公式ブログのスクリーンショット)
  • 2016年6月に会見を開いた市川海老蔵さん(写真は会見時)
    2016年6月に会見を開いた市川海老蔵さん(写真は会見時)

生検結果聞くまでは「暗闇に追いていかれるような感覚」

   麻央さんは2014年10月に自己チェックで左乳房にしこりを発見し、すぐに生検を受けた。医師からはその時点で「95%、癌です」と言われ、脇のしこりについても指摘されたという。20日のブログでは、

「生検の結果を聞くまでの10日間は、ひとりだけ違う時間軸に生きて、ゆっくりゆっくり皆とは違う 暗闇に追いていかれるような感覚だった」

と振り返った。

   当日については「診察室に入った時の先生の表情で、『陽性だったんだな、癌なんだな』と分かった。心の準備は意外とできており、冷静に先生のお話を伺った」と回想。そして「この時点では、まだ脇のリンパ節転移のみだった(その後、現在肺や骨などに転移あり)」と当時の病状を報告すると同時に、現在の転移状況についても明らかにした。

   16年6月に会見を開いた夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)は、麻央さんの病状について「進行性がん」「手術に向けて抗がん剤治療を続けている」などと説明するにとどめていた。麻央さん本人も9月1日のブログ開設以来、具体的進行状況については公表してこなかった。

「奇跡って絶対にあります」「祈ってます 必ず治る」

   今回の初公表を受け、ブログのコメント欄には

「このようにはっきり伺うとやはりショックで胸がつまり苦しくなります」
「記事を読んでから、頭が真っ白です」
「なんて声をかけてよいか 言葉が見つかりません」

といった声と同時に

「大変な状況であったとしても、奇跡って絶対にあります」
「大丈夫!大丈夫!大丈夫ったら大丈夫!絶対治るんだから」
「祈ってます 必ず治る」

などと、力強いエールがいくつも寄せられている。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

マロン部

   続きを読む

PR 2016/9/7

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中