ハマの番長、熱く語ったリーゼント 引退会見で明かした「こだわり」

印刷

   プロ野球・横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手(42)が2016年9月20日、横浜市内のホテルで会見を行い、今シーズン限りでの現役引退を発表した。1991年にドラフト6位で大洋ホエールズ(当時)に入団して以来、25年にわたり「横浜一筋」でプレーを続けた。

   トレードマークのリーゼントヘアと男気溢れるキャラクターから、「ハマの番長」の愛称でファンに親しまれてきた三浦投手。会見では、現役引退後の身の振り方だけではなく「リーゼントはどうなるのか」といった質問も出た。

  • 引退会見でも三浦投手のリーゼントヘアはビシッと決まった(画像は中継動画より)
    引退会見でも三浦投手のリーゼントヘアはビシッと決まった(画像は中継動画より)

「監督になってもリーゼントで!」

   三浦投手は25年のプロ生活で532試合に登板、これまでに通算172勝(183敗)を挙げている。1997年には最高勝率、2005年には最優秀防御率と最多奪三振のタイトルを獲得。2000年代中盤から長らく低迷を続けていたチームの「大黒柱」として、横浜投手陣を引っ張ってきた。

   今回の20日の会見で三浦投手は、引退を決意した理由について「勝てなくなったからです」と明快に説明。その言葉通り、今シーズンの投手成績は0勝2敗。初登板となった7月11日の対中日戦で、4回6失点と打ち込まれたことで「引退を決意した」とも明かした。

   チームメイトに引退の事実を伝えたのは、会見前日の9月19日の試合後だったという。DeNAが球団史上初となるCS(クライマックスシリーズ)進出を決めた直後の報告には、三浦投手も「チームメイトが喜んでいる中、こうした報告をするのはどうかと思ったんですが...」と苦笑い。ただ、チームメイトからは「辞めないでください」などと温かい声がかけられたという。

   三浦投手の引退会見では、トレードマークの「リーゼントヘア」に関する質問も集まった報道陣から飛んだ。記者から引退後の髪型について質問された三浦投手は、

「(リーゼントは)卒業しません。できる限り、やり続けたいと思っています」

と笑いながら答えていた。別の記者から「リーゼントに込めた思い」について質問されると、

「この髪型が単純に好きですから(笑)。ただ、ルーキー時代に最初に始めた頃には、何十人という投手がいる中で、注目されたい、目立ちたいという思いがありました。自分に気付いてもらえなければ、(試合で)使ってもらえないですから」

と振り返った。また、会見に出席したフジテレビのアナウンサーからは「監督になってもリーゼントでお願いします!」というエールも飛んでいた。

プロ初登板時の対戦相手は・・・

   三浦投手の引退会見の様子はDeNA子会社の「SHOWROOM」が運営する同名のストリーミングサービスで生中継された。主催者が会見中に伝えたところによれば、視聴者数は6万人以上に達したという。

   横浜一筋で現役生活を過ごした三浦投手の引退を受け、ツイッターやネット掲示板には、

「長い間お疲れ様でした。 ありがとう」
「また子どもの頃から見てきた人が居なくなるのか...」
「番長の引退会見でボロボロ泣いた 来年の横浜には背番号18三浦大輔がいないのか」

などとファンから惜しむ声が数多く飛んでいた。

   また、ネット上では「三浦投手の初登板時」の大洋ホエールズの先発メンバーを振り返りつつ、25年のプロ生活の「長さ」を実感するユーザーも出ていた。

   三浦投手が初めてプロのマウンドに登った1992年10月7日の対巨人戦では、両チームの先発メンバーに『進藤達哉』『石井琢朗』『原辰徳』『篠塚和典』といった名前が並んでいた。こうした懐かしい顔ぶれをみたネットユーザーからは、「感慨深いものがあるよなぁ...」といった声が漏れていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中