小松菜奈のインスタ大荒れ 写真流出騒動で「BIGBANG」ファン突撃中

印刷

   韓国発の人気グループ「BIGBANG」のリーダーG-DRAGONさん(本名クォン・ジヨン、28)と、若手女優としても注目株のモデル・小松菜奈さん(20)に熱愛説が持ち上がり、BIGBANGファンの間で大騒ぎになっている。

   きっかけは、ジヨンさんのものとみられている非公開のインスタグラムアカウントから、数枚のプライベート写真が何らかの原因で「流出」したとされる事だった。熱愛を思わせる親密な写真にファンらは動揺。本物だという決定的証拠はないにもかかわらず、小松さんのインスタグラムは炎上状態となっている。

  • G-DRAGONさんとの熱愛説が浮上している小松菜奈さん(2016年6月撮影)
    G-DRAGONさんとの熱愛説が浮上している小松菜奈さん(2016年6月撮影)
  • かつて熱愛が報じられていた水原希子さん
    かつて熱愛が報じられていた水原希子さん

2人がはっきり写ったツーショットはないが...

   写真が拡散し始めたのは2016年9月18日のこと。ジヨンさんが膝の上に座らせた後姿の女性をハグしているものや、ジヨンさんとみられる帽子で顔を隠した男性と小松さんが並んで座っているもの、小松さんとみられる女性が湯船に浸かっているものなど複数枚ある。

   双方の顔がはっきり写っているツーショット写真はなく、1枚については「合成説」まで浮上している。ただ、「流出写真」のうちの1枚にBIGBANGのメンバー・SOLさん(28)の公式アカウントからコメントが付けられていたことから、ファンの間では「熱愛確定」と言わんばかりの大騒ぎになった。

   ジヨンさんの公式インスタグラムは18日中に更新されたものの、騒動はスルー。「I can't handle people anymore.(編注:私はこれ以上人々に対応できない)」と字幕で書かれた映画のワンシーンを意味深に投稿しただけだった。

   朝鮮日報日本語版の18日配信記事によると、BIGBANGの所属するYGエンターテインメントは「アーティストのプライベートなので確認は難しい」とコメントしたといい、熱愛説については肯定も否定もしない立場のようだ。

   J-CASTニュースでは20日、BIGBANGが日本で所属するエイベックスに取材を申し込んだが、18時半時点で回答は得られていない。小松さんの所属事務所も「担当者は外出中で、戻りは未定」と繰り返し、20日中に話を聞くことはできなかった。

「元カノ」水原希子が小松インスタをリムーブ!?

   2人の関係はかねてからファンの間でウワサされていた。2016年3月に発売されたファッション雑誌「NYLON JAPAN」でともに表紙を飾り、同年5月にはスタッフを交えた食事会の様子を「週刊女性」(5月31日号)にキャッチされていたためだ。

   そして何より、小松さんはかねてからジヨンさんの大ファン。2013年4月にはライブに足を運んでおり、当時のブログには

「ジヨンかっこいい...あの横向いて流し目の顔とか笑顔とかもうきゅんきゅん」
「ずーっと目がハートでLIVEを見て楽しんでたよ(笑)」
「いつかジヨンに会えるようにお仕事頑張ろう~!!笑」

などと興奮気味につづっていた。

   そうした背景もあり、小松さんのインスタグラムにはさまざまな言語で「大っ嫌い」「ジヨンを取らないで」「GDは私のものなのに...」「応援なんてできない」といった内容の批判コメントが相次ぎ寄せられ、数日間にわたり「炎上」状態となっている。

   なお、ネット上ではG-DRAGONさんの「元カノ」として知られるモデルの水原希子さん(25)と小松さんの関係にも注目が集まっている。今回の騒動後、「水原さんが小松さんのインスタグラムのフォローを解除した」との指摘が一部から上がり、「女って怖い」「三角関係すぎて怖いわぁ」などと盛り上がりを見せている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中