泰葉「ひどいうつ」から復調できたワケ 涙、涙の「活動再開」報告

印刷

   初代・林家三平さんの次女でシンガーソングライターの泰葉さん(55)が2016年9月21日、都内で記者会見を開き、芸能活動を本格的に再開することを発表した。

   5月には、2年にわたってうつ状態だったことをブログで明かしていた。会見では闘病中の苦しい日々を振り返りながら、自身を支えてくれた家族に感謝。「皆さまに助けられ、今日ここに泰葉、復調したことをご報告申し上げます!」と元気にあいさつした。

  • 会見では涙をぬぐう場面も多々みられた(2016年9月21日撮影)
    会見では涙をぬぐう場面も多々みられた(2016年9月21日撮影)
  • 頬に涙をつたわせる泰葉さん
    頬に涙をつたわせる泰葉さん
  • ジョークを飛ばし、報道陣の笑いを誘うことも
    ジョークを飛ばし、報道陣の笑いを誘うことも
  • 白いレースワンピース姿で登場
    白いレースワンピース姿で登場

「死んでしまおうと思った」ことも

   泰葉さんは07年11月に落語家・春風亭小朝さん(61)と離婚した直後から双極性障害になり、「約10年間にわたり、病と闘っていた」という。

「離婚という人生の転機は、とてもエネルギーが要った。直後からハイの症状が長く続き、その後にうつが来て、繰り返した。ここ2~3年は本当にひどいうつ状態だった」

   闘病中は起きることも食べることもできず、「何もできない」日々が続いたという。最後には「自分を責め続けて、死んでしまおうと思った」こともあったそうだ。

   そんな泰葉さんを支えたのは家族だった。落語家である弟の林家正蔵さん(53)と林家三平さん(45)については、「弟たちがいなかったら私はこんなに元気になれなかった」と語り、「家族には感謝しきれないくらい感謝している」と、手に持ったハンカチで何度も涙をぬぐった。

   また、亡き父については「父が一番心配していると思う」とコメント。その上で「父がしてきたように、弟たちと力を合わせて日本を明るく元気にするよう頑張っていきたい」と目に涙を浮かべながらも前を向いた。

「金髪豚野郎」発言は「天性のものだからしょうがない!」

   会見は涙もあれば笑いもあった。冒頭から「小池百合子でございます」とボケたと思えば、その後も落語家一家ならではの「話力」を発揮。かつて、元夫・小朝さんを「金髪豚野郎」とブログで罵ったことについては「あれだけ言っちゃったもんだから、なかなか許されるとは思ってない」としつつ、

「(コピーライターの)糸井重里さんより才能あるなと思った。みなさんの心から離れないキャッチを作ってしまった。天性のものだからしょうがない!」

と開き直ってみせた。また、再婚について聞かれれば「今日離婚したブラッド・ピットなんかいいと思います」と切り返して爆笑をさらった。

   泰葉さんは活動の本格再開に合わせて個人事務所「泰葉エンターテイメント」を設立。今後は音楽や文章、バラエティー番組出演などを視野に入れているという。若いアーティストの育成も考えているそうだ。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中