CS「DeNA対巨人」が盛り上がる予感 「見どころ満載」これだけの理由

印刷

   DeNAが初めてクライマックスシリーズ(CS)に出場、第1ステージで巨人と対戦することになった。「ハマ」(横浜)と「お江戸」(東京)の顔合わせは新たな人気を呼びそうだ。

   評論家の先生方は、顔色なし、だった。DeNAの躍進をだれも予想しなかったからである。

「恐れ入りました」「失礼しました」

と言うのである。完全ハズレは仕方なかった面もあった。

  • マスコットキャラクターのスターマンも大喜び?(写真は16年5月撮影)
    マスコットキャラクターのスターマンも大喜び?(写真は16年5月撮影)

ラミレス新監督は「負けても、明日がある」と

   昨(2015)年のDeNAは最下位。中畑清監督の下、前半戦は首位だったのだが、オールスター戦を境に調子を落として沈んだ。前半戦も予想外なら後半戦も予想外だったわけである。

   そして今シーズンも予想外。専門家泣かせ、のチームともいえる。

   今季のDeNAは、前半戦40勝44敗3分けで3位。振り返って見ると、開幕から不振で、5連敗を含み負けが込んだ。5月下旬まで最下位だった。借金10というときもあった。

   それだけに粘り強い戦いぶりは賞賛されよう。

   アレックス・ラミレス新監督のさい配は見事だったといえる。

「チームは家族」

   この考え方が浸透した。このキーワードは外国人が口にすると違和感が全くない。選手たちが語る。

「負けても、明日がある、と言ってくれる。それも明るく、だ。気持ちが楽になって。次の試合に臨めることができた」

   日本伝統のお説教はなかった、という。

今シーズンは互角の対戦成績

   CS第1ステージでぶつかるのは巨人。このチームは「球界の盟主」とプライドが高い。それだけに負けると暗い雰囲気を醸し出す。DeNAとは対照的といえるかもしれない。

   この両者、今シーズンは互角の対戦成績を残している。

「巨人は前年最下位のDeNAに苦戦したことが大誤算。広島に大差をつけられた原因といっていい」

   巨人関係者の言葉はその通りで、第1ステージの戦いは油断できないだろう。

   DeNAの本拠地は横浜。「ハマっ子」のファンは、相手が巨人とあって闘志むき出しである。巨人は「花のお江戸」の代表的存在だ。

   見どころは満載である。

   ラミレス監督は巨人に在籍したことがあり、高橋由伸監督とは打線を組んだ仲。選手では売り出し中のDeNA筒香嘉智は本塁打王と打点王を狙うし、巨人の坂本勇人は首位打者を目指している。

   DeNAの中畑前監督は巨人育ちで、両軍の応援団長としてユニークなコメントを連発するだろう。横浜と東京、アカ抜けた試合を望む。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中