小林麻央、ブログに後悔にじませる 海老蔵の助言「もっと耳を傾ければよかった」

印刷

   乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さん(34)が、2016年9月22日昼に自身のブログ「KOKORO.」を更新し、がん告知を受け入れた後の心境を告白した。

   「がんにならないよう努力できたことがあったかも」「夫の助言にもっと耳を傾ければよかった」という後悔もにじませながら、今は「人生に、たられば、は無し」と前向きな決意を綴っている。

  • がん告知時の心境を明かした(画像は小林麻央さん公式ブログのスクリーンショット)
    がん告知時の心境を明かした(画像は小林麻央さん公式ブログのスクリーンショット)

「でも人生に、たられば、は無し」

   小林さんは22日に「17 たられば は無し」と題したブログ記事を更新し、がん告知を受けて「ほっとした」と当時の心境を振り返った。

   がん告知を受けるまでの1年半は、「とにかく身体が怠(だる)くて怠くて 1日1日が精一杯だったのだ」(怠のふりがなは編集部)という。がんを宣告されるまでの期間に小林さんの体に異変があったことがうかがえる。

   告知を受け、

「『癌になるくらいの身体だったんだ』と 思ったとき、 その間の自分を初めてわかってあげられて、受け入れられて、 どこか、ほっとしたのだった」

と、がん告知を受けることでそれまでの倦怠感の原因がわかったことに安堵する気持ちがあったことを明かした。

   そのうえで

「今思えば、 もっと前から 癌にならないように努力できたことが あったかもしれない。」
「主人が 私の身体のためにしてくれていた 助言にも、もっと耳を傾ければよかった」

と後悔の念もにじませた。

   しかし続けて、「でも、決して何かに怠けていたわけではない。 あれがあの時の 私なりの精一杯だった」「だから、人生に『たられば』は無し」「それでも思ってしまうものだけど」と、後悔をにじませながらも前向きな姿勢を見せた。

   小林さんブログ新設以来、告知までの経緯や闘病生活の様子を詳細につづっており、22日朝に更新した記事では食事療法を行っていた時期があったことも明かしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中