ネットにあふれる「付箋の回収」 それ「伏線」の間違い、指摘相次ぐ

印刷

   推理小説やドラマで、序盤で謎だった事柄を終盤で明らかにしていく手法を指して「伏線を回収する」と呼ぶことがある。疑問が氷解していく過程はカタルシスを覚えるものだが、この「伏線」を「付箋」と誤用しているのを「けっこう目にした」と、複数のブロガーが指摘した。

   「伏線」も「付箋」も同じ「はる」ものだから混同しているのではないか、と分析しているが、ネットで検索してみると、「付箋の回収」という誤用がいたるところで現れた。 果たしてどれだけの人がこの意味で使っているのか。

  • 「伏線」と「付箋」を混同?
    「伏線」と「付箋」を混同?
  • 「付箋」を広辞苑で引いた
    「付箋」を広辞苑で引いた

「伏線を張る」が「付箋を貼る」に?

   指摘したのはブロガーの「ねんざB@nenzab」さん。自身の「ねんざブログ」2016年9月12日付の記事で、その前日に最終回を迎えたミステリードラマ「そして、誰もいなくなった」(日本テレビ系)を話題として取り上げた。これまでの回で謎がいくつも散りばめられていたため、その張られてきた「伏線」がどう回収されていくかが注目されたドラマだ。

   ねんざBさんが違和感を覚えたのは、ドラマの放送終了後にツイッターを見た時だ。

「『付箋が回収できていない』という意見をけっこう目にしたんですよ。これ、なんか変じゃないですか?」

と指摘したのだ。

   広辞苑では、「伏線」について「小説・戯曲・詩などで、後の方で述べる事柄をあらかじめ前の方でほのめかしておくもの」「後の事の準備として、前もってひそかに設けておくもの」という意味を載せる。一方、「付箋」には「用件を書きつけて貼る小さい紙。目じるしのために貼りつける紙。貼りがみ」という意味しかない。

   ねんざBさんは「文字の打ち間違えという可能性もありますが、おそらく『伏線が回収できていない』ことを間違って覚えているんでしょう」とし、その原因を「『付箋』も『貼る』ものだし、『伏線』は『張る』もの。あとに続くのが同じ『はる』という単語なので、混同して覚えているのかもしれませんね」と分析した。

   「ふくせん」と「ふせん」の発音が似ていることも、誤用の背景にあるかもしれない。

「付箋の回収の仕方が絶妙」

   同じ主張は、「masahito」さんも16年4月26日、自身のブログ「faint memory」で展開。「『伏線』が『付箋』になっていました」とし、「付箋を回収?あちこちにペタペタ貼り付けた付箋を一つひとつ剥がして回収するということではないようです」と指摘した。

   このような使い方はどれくらいされているのだろうか。ツイッターで調べると、

「付箋の回収の仕方が絶妙ですよね」
「非公表だった付箋回収?最終回楽しみだな!」
「お話がすごく劇みたいな感じで、内容もまた付箋回収とかもすごい」
「来週最終回だけど1話で全部の付箋回収できるんだろうか」
「私の作品、付箋回収をするたびに付箋撒き散らすからどんどん拾わなきゃいけないことが増えていく...」

という投稿がいくつも見つかる。

   「伏線 回収」をツイッター上で検索すると、直近10日間で連日250件ほど投稿されているが、「付箋 回収」も5~10件はヒットし、いずれも「伏線 回収」の意味でつかわれていた。同誤用の率は、まだ多くはないが、ツイッター以外での使用例もあり、「付箋の回収」という言葉が一部の人たちに浸透しているのは事実のようだ。

   ねんざBさんはブログの最後で諭すようにこう述べている。

「間違って使っていた方は、この機会に正しい使い方を覚えておくと良さそうです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中