一気に冷めた稀勢の里「横綱待望論」 豪栄道フィーバーの陰に

印刷

   「綱取り」の期待を大関・稀勢の里はまたもや裏切った。秋場所は10勝5敗(2016年9月25日千秋楽)。一から出直しとなったことで横綱待望論は一気に冷めたようである。

   秋場所は大関・豪栄道の初優勝に湧いた。それも全勝とあって、まさにフィーバー。確かにニュース性は大きかった。

・カド番大関の全勝優勝は史上初
・日本人力士の全勝優勝は1996年秋場所の貴乃花以来20年ぶり
・大阪出身力士の優勝は1930年夏場所の山錦以来86年ぶり
・初優勝が全勝は1994年名古屋場所の武蔵丸以来22年ぶり7人目

などである。

  • 豪栄道の優勝の陰に隠れて・・・(写真は、秋場所の行われた両国国技館)
    豪栄道の優勝の陰に隠れて・・・(写真は、秋場所の行われた両国国技館)

トップから引導を渡された瞬間

   観客の入りは15日間「満員御礼」。この満員は昨年の九州場所6日目から85日間連続中となっている。東京場所は6場所連続満員だ。この盛況の中で稀勢の里は冷めた存在になっていた。

   この秋場所は稀勢の里の綱取りが最大の売り物だった。ところが期待を大きく裏切った。千秋楽の報道陣のインタビューはつらかっただろう。声に力がなかった。

「収穫? (2ケタ勝利)それだけでしょう」

   秋場所の総括は、遠のいた横綱への夢だった。新たな挑戦となるのだが、3場所続いた綱取りに敗れたショックは隠しきれない。来場所からの再スタートとなる。

「しっかり頑張るしかない」

   今場所の主役交代は11日目だった。10連勝の豪栄道と対戦した稀勢の里は力負け。この時点で稀勢の里は3敗となり、横綱昇進の条件だった優勝への望みがほぼなくなった。片や豪栄道は勢いを増した。

   そして13日目、稀勢の里は横綱・鶴竜に負け、八角理事長から無念のコメントが出た。

「(綱取りは)仕切り直し、だな」

   協会はなんとしてでも日本人横綱を誕生させたかった。ファンの大きな期待でもあった。そのトップから引導を渡された瞬間だった。

「ふんどしを締め直して」挑むしかない

   稀勢の里は13勝、13勝、12勝と安定した成績で今場所を迎えた。休場の横綱・白鵬から「チャンスを生かしてほしい」との言葉が出るなど、これ以上ない状況にあった。しかし、初日と3日目に負けるふがいなさ。それでも協会は優勝さえすれば、と勝ち数を条件にしなかった。

   ただ、ベストコンディションではなかったようだ。右足首を痛めており、夏巡業の復帰は10日ほど遅れた。「不安はない」と言って場所に臨んだものの、調整不足は否めなかった。それが序盤の2敗となって表れたといえる。解消されない強さともろさの同居である。

   現在4大関である。気がついてみたら、優勝していないのは稀勢の里だけになった。来場所は豪栄道が横綱を目指す。白鵬が復帰するだろうから、稀勢の里はそれこそ「ふんどしを締め直して」挑むしかない。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中