DNAを修復する音叉って 「an・an」特集にツイッターで「ギャグ?」

印刷

   「DNAを修復する音叉」「頭蓋骨を緩める頭蓋骨矯正」――。一瞬たじろいでしまう、こんな「美容・健康法」が女性雑誌「an・an」(マガジンハウス)最新号で紹介されている。

   「カラダにいいもの大賞」というテーマで商品を特集したものだが、発売直後からネットで「なんの雑誌買ったんだっけ?」との声が相次いだ。科学的・医療的な裏付けなどについて、同誌に聞いた。

  • 壊れても修復できる?(画像はイメージ)
    壊れても修復できる?(画像はイメージ)

528Hzの周波数が...

   話題を集めているのは、2016年9月21日発売(9月28日号)の同誌。特集テーマは「カラダにいいもの大賞2016」で、編集部注目の美容法や健康グッズが紹介されている。

   前半部分では、編集部員が実際に購入した美容・健康グッズが取り上げられているが、後半部分では「健康トピックス調査報告書」と題し、美容や健康にまつわる「マニアックな話」が取り上げられている。

   その後半部分では、頭蓋骨を緩めて「脳と脳脊髄の機能を向上させる」という「クラニオセイラクル(頭蓋骨矯正)」、「首がカクカクするほどの勢いで(息を)吸うと、頭がシャキッと冴え、戦闘態勢になる」という「吸う吸う呼吸」など、耳慣れない美容・健康法が目白押しだ。

   中でも「DNAを修復する周波数を出す音叉」については、「スピリチュアルな世界では常識?」として紹介されている。記事によると、その音叉は「壊れたDNAを修復する」528Hzの周波数を出すという。

   肝心の修復効果には触れていないが、記事内では、同誌編集部内で試すと「音に共鳴すると、全身が揺らぐのを実感する」と記されている。

   こうした「斬新」な商品紹介に、同号の発売直後からツイッターでは

「ギャグなのか!と思う」
「なんの雑誌買ったんだっけ?」

といった声が寄せられるようになった。プロフィール欄で「小児科医」を名乗るツイッターアカウントも25日、「頭蓋骨矯正」について「生まれてすぐは癒合していない頭蓋骨は生後1歳半から2歳にかけて完全にくっつくので、大人になってから今更並べ替えることなんかできない」と指摘している。

「すべて編集記事です」

   同誌の長居広副編集長はJ-CASTニュースの取材に対し、

「『健康トピックス調査報告書』は、今巷で話題の健康トピックスについて取材、レポートしたものです。企画内で紹介した商品は取材先に確認の上、記事に関連する商品として紹介しています。商品の効果・効能につきましては、取材先から提供されたエビデンスのあるものに関しては、それを明示しました。話題ではあるものの医療的な根拠が明確ではないものに関しては、記事内の文章でも断定的な表現を避けました」

と説明している。

   また、特集ページについては、

「すべて編集記事になります」

との回答だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中