沖縄の遺跡からローマ帝国のコイン

印刷

   沖縄県うるま市内の世界遺産「勝連城跡」でローマ帝国時代などのコインが見つかったと、市教委が2016年9月26日に発表した。国内の遺跡から見つかったのは初めてだという。

   それによると、コインは銅貨10枚で、うち4枚はローマ帝国時代の3~4世紀、もう1枚はオスマン帝国時代の1669~79年に鋳造されたとみられている。沖縄には、海上交易を通じて持ち込まれたのではないかという。調査は、エックス線検査などで行われ、ローマ文字やアラビア文字などが刻まれていることが分かった。勝連城は、12~13世紀に造られ、15世紀半ばに廃城となった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中