明日花キララ、またまた「お相手」報道 「いったいどんな人脈だ?」

印刷

   ジャニーズのアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の伊野尾慧さん(26)が、美女とシンガポール旅行をしていたと週刊女性の最新号で報じられ、ネットが騒然となっている。

   騒ぎが大きくなっているのは、ジャニーズを巡る報道という理由だけではない。お相手とされているのがセクシー女優の明日花キララさん(27)だからで、このところセクシー女優が絡んだ熱愛報道といえば、なぜか明日花さんの名前が挙がるのだ。「大リーガー、Jリーグ、ジャニーズ、AKB48、いったいどんな人脈だ?」などと驚きが広がっている。

  • 伊野尾さんとの報道に関しツイッターを更新。「交際の事実も、売名の事実もない」(明日花さんのツイッターのスクリーンショット)
    伊野尾さんとの報道に関しツイッターを更新。「交際の事実も、売名の事実もない」(明日花さんのツイッターのスクリーンショット)

大リーガー、Jリーグ、ジャニーズ、AKB48・・・

   「週刊女性」(2016年10月11号)は、伊野尾さんと明日香さんがシンガポールのプールで談笑するツーショット写真を掲載し、「セクシー女優と極秘旅行!!」と見出しをつけて報じた。記事によると、2人の事務所はそれぞれ、交際の事実はないとのコメントを寄せたという。

   この報道を受けジャニーズファンは激怒し、伊野尾さんには恋人はいない、とか、写真は伊野尾さんではない、嵌められた、などと信じようとせず、大騒動になった。明日花さんを知る男性達も恋愛関係にはないという意見が圧倒的に多いが、一部ではこんな騒ぎになっているのだ。

「明日花キララすげぇー」
「また明日花キララかよw 」
「こいつの人脈なんだよ、AV女優がメジャーリーガーにJリーガーにジャニーズにAKBって」

   こうした反応は、ここのところ有名人のスキャンダルが報じられると、セクシー女優の明日花さんの名前が挙がり続けている、という状況を受けたものだ。12年2月にはゴルフの古閑美保選手と明日花さんがダルビッシュ有選手を取り合っている、などと報道され、「元恋人」などとも噂されている。13年2月には「AKB48」人気メンバー2人のJリーガーとの秘密の合コンが話題になり、その際に同席したとされるのが明日花さんだった。

「伊野尾の次はどんな男の名前が出るのやら」

   また、ジャニーズ関連でいえば12年8月12日に「関ジャニ∞」のイベントが大阪であり、メンバーの渋谷すばるさんが、

「ファンで明日花キララと知り合いの人いない?もし知り合いの方いたらご一報ください。めっちゃ好きなんで」

などと発言したため、「Yahoo」検索キーワードで「明日花キララ」の名前が突如上位に浮上し話題になった。

   明日花さんとはどんな人物なのか。東京出身で北海道の高校を卒業後に「明日花キララ ミラクル美乳」でAVデビューしたのが07年12月。スリーサイズは90、58、 85 。セクシー女優からなるアイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」のメンバーで、ソロCDもリリースしている。出演したAV作品は百数十タイトルあり、名実共に日本を代表するベテランセクシー女優だ。合コンが好きなようで、人脈の多くを合コンで作っていることが知られている。こうしたことから今回の報道に対しては、

「伊野尾の次はどんな男の名前が出るのやら」

などといった感想が掲示板に出ている。

   明日花さんは16年9月27日夕、ツイッターで

「交際の事実も一切ないです」
「この度はご迷惑をおかけしたこと大変申し訳御座いませんでした」

などと投稿した。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中