世界競争力ランキング、日本8位に後退

印刷

   ダボス会議の主催団体として知られる世界経済フォーラム(本部スイス)は2016年9月28日、2016~17年版の世界競争力ランキングを発表した。日本の総合順位は138の国・地域中8位で、15年の6位から後退した。

   1位は8年連続でスイス。2位はシンガポール、3位は米国となり、上位3か国は15年と変わらなかった。アジアでは香港(9位)や台湾(14位)、マレーシア(25位)などが上位にランクインした。

   日本はビジネス環境やインフラ分野では高い評価を得ているが、「雇用・解雇の容易さ」(115位)や「雇用における男女比率」(77位)、「優秀な外国人にとっての勤務場所としての魅力」(77位)などの評価は低く、報告書では「国内市場への参入や企業には高い障壁があり、相対的に閉鎖的」と指摘された。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中