初音ミクを手塚治虫が描いたら... 夢のコラボ実現の陰に大作曲家

印刷

   「マンガの神様」として知られる故・手塚治虫さんの画風で描かれた、人気ボーカロイド「初音ミク」の公式イラストが2016年9月30日に発表され、ツイッターなどで反響を呼んでいる。仕掛けたのは、「手塚プロ」だ。

   漫画やアニメの草創期を支えてきた手塚治虫さんと、2007年に発売された合成音声ソフトのキャラクターの「初音ミク」。全く接点がなさそうな両者を結びつけたのは、16年5月5日に亡くなった作曲家の冨田勲(いさお)さんだ。

  • 手塚プロダクション描き下ろしの「初音ミク」イラスト
    手塚プロダクション描き下ろしの「初音ミク」イラスト
  • 「アトム」のように?空を飛ぶ初音ミク
    「アトム」のように?空を飛ぶ初音ミク

手塚アニメの音楽を手がけていた

   シンセサイザーを使った電子音楽の第一人者として、前衛的な楽曲で知られる冨田さん。実は、作曲家としてデビューした当初は「ジャングル大帝」や「リボンの騎士」など、多くの手塚アニメの音楽を手がけていた。そんな冨田さんは晩年、初音ミクをソリストに迎えたオーケストラ作品の制作に力を注いでいた。

   こうした「縁」で、手塚プロと、初音ミクの権利元であるクリプトン・フューチャーメディアのコラボが決定。11月に行われる冨田さんの追悼公演「冨田勲×初音ミク『ドクターコッペリウス』」のために、手塚プロが「手塚治虫タッチの初音ミク」のイラストを2枚描き下ろしたのだ。

   丸くデフォルメされた足やスカートをはじめ、手塚さんが描く女性キャラクターの「特徴」を盛り込んだ形で描かれた初音ミク。その姿に、「世界観にマッチしていて違和感がない」「すごく手塚作品っぽい」といった好意的な意見が、ツイッターをはじめインターネット上に相次いだ。

「パロディー漫画家」が作者と思った人も

   手塚プロが「公式」に描き下ろしたイラストということもあり、往年の手塚作品を思い浮かべたファンも多かったようだ。ツイッターやネット掲示板には、

「リボンの騎士みたい」
「メルモちゃんっぽい」
「靴が中期のアトムと似てる!」

と、「手塚キャラクター」に重ね合わせる書き込みも数多く見られた。

   またイラストが公開されるやいなや、手塚作品のパロディー漫画で有名な漫画家・田中圭一さんへの注目も集まった。ネット上には「田中圭一の所業かとおもった」「描いたのが田中圭一先生ではないことに驚き」との声が噴出。ただ田中さん本人は10月1日朝にツイッターで、フォロワーからの「どう見ても田中さんが手塚風初音ミクを担当された様に思います」という質問に答える形で、「ボクじゃないですよ」と否定していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中