長谷川豊にMXも「バカヤロー!」 降板決まり、アシスタントのひと言

印刷

   2016年10月5日夜に生放送されたTOKYO MXの情報番組「バラいろダンディ」で、MCを務めてきたフリーアナウンサー・長谷川豊さん(41)の降板が発表された。

   長谷川さんが自身のブログに掲載した人工透析患者にまつわる記事は多くの批判を呼び、テレビ大阪などは長谷川さんのレギュラー降板に踏み切った。MX「バラダン」では本人が3日放送時に騒動を謝罪し、事実上の「続投」とみられていたが、結局同番組からも姿を消すことになった。

  • 長谷川豊さん(2016年9月撮影)
    長谷川豊さん(2016年9月撮影)
  • 「バラいろダンディ」公式サイトからは長谷川さんの写真が消え、降板のお知らせが掲載された(画像は公式サイトのスクリーンショット)
    「バラいろダンディ」公式サイトからは長谷川さんの写真が消え、降板のお知らせが掲載された(画像は公式サイトのスクリーンショット)

アシスタント阿部さん「『バカヤロー!』と言いたい」

   5日放送の冒頭では、アシスタントの阿部哲子さんが「今日はまずこちらからお伝えします」と切り出し、「バラいろダンディのMCを務める長谷川豊さんが昨日(4日)の放送をもって番組を降板しました」と発表した。

「番組放送開始の2014年4月よりMCとして活躍され、番組内でも『ガセ川』『ガセの極み豊』などのニックネームで親しまれました。2年間この番組を切り盛りしてくださったのですけれども...お疲れ様でした」

と述べた後、「私個人としては」と前置きし、

「今回のブログの件では、本当に長谷川さんが100パーセント悪いと思いますし、フォローの余地は一切ないです。『バカヤロー!』と言いたい気持ちです」

と語気を強めて語った。その上で

「ただ、チームとして頑張ってきた仲間がいなくなってしまうのは、すごく寂しい思いがします」

と複雑な想いを打ち明けた。

   阿部さんは降板について1時間前に聞いたそうで「どうしていいかなという気持ちがありますが...」とつぶやきつつ、「気持ちを入れ替えまして!」とし、番組内容の紹介に移った。

降板発表後のブログで阿部さんに「ありがとうよ」

   長谷川さんは9月19日、「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」と題したブログ記事(のちにタイトル変更)を掲載し、多くの批判を呼んだ。

   テレビ大阪は29日、ニュース番組「ニュースリアルFRIDAY」のキャスターから長谷川さんを降板させたことを発表。10月1日に更新された長谷川さん のブログによれば、パネリスト出演していた読売テレビの「上沼・高田のクギズケ!」からも降板になったという。

   ブログとの関連は不明だが、メインMCを務めていたTOKYO MXの「未来展望~百年の計~」は9月26日の放送をもって終了したため、長谷川さんの公式サイトを見る限り、4日時点での地上波レギュラー番組は「バラいろダンディ」のみとなっていた。

   J-CASTニュースでは4日昼時点でMXに長谷川さん続投に関する取材を申し込んでいたが、5日21時前に「番組内で発表がある」との連絡があり、それを回答の代わりとすることが伝えられた。

   長谷川さんは5日22時ごろ、ブログを更新。降板を伝えるテレビ画面のキャプチャ―画像を掲載した上で「阿部ちゃん、余計な事を(笑)ありがとうよ」とコメントした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中