長谷川豊アナ「けっこうスッキリしています」 「降板騒動」振り返る

印刷

   人工透析ブログ騒動を受け、すべてのレギュラー出演番組を失ったフリーアナウンサー・長谷川豊さん(41)が一連の騒動をブログで振り返った。

   「ありがとう」と題された記事は約6000字にのぼる長文だ。TOKYO MX「バラいろダンディ」の降板発表から一夜明けた2016年10月6日午前に公開され、「僕を見守ってくれた全ての方々、そしてもしご興味を持たれた方々もいらっしゃれば、一緒にこの僕の2週間を振り返ってみませんか」と語りかけた。

  • 長谷川豊さん(2016年9月撮影)
    長谷川豊さん(2016年9月撮影)

「そんなことより、一緒に社会保障の改善策、考えようぜ」

   長谷川さんは、人工透析患者にまつわる一連のブログ記事を紹介し、

「このままでは早晩、日本の社会保障は崩れる。日本の未来のために、子供たちのために、現役の子育て世代のために、真剣に書いたつもりです」

と、記事に込めた思いを振り返った。騒動の発端となった9月19日公開記事については、タイトルや一部内容に問題があったことも認めた。

   その上で、レギュラー番組を続々降板することになった背景には「テレビ上に出ている人間を引きずり降ろすまでがゲームの人たち」による抗議があったと指摘した。また、一部番組スタッフへの感謝の言葉も述べている。

   一方で長谷川さんは、「本音を言いますと...今回、けっこうスッキリしています」とも綴る。

「アナウンサーが言葉でミスったのです。降板は当然かと。不思議ですね。今はとても心が穏やかです。誰を恨む気もないですし、むしろ、当然の流れな気がします」

   そして「ネット上のみんな」に向け、「ネットいじめ」に乗っかかるのではなく、「そんなことより、一緒に社会保障の改善策、考えようぜ。みんなならすごいアイデア出せる。必ず」と呼びかけた。

『全国腎臓病協議会』への謝罪文言が、のちに加筆

   長谷川さんは9月19日、「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」と題したブログ記事(のちにタイトル変更)を掲載。現状の健康保険制度を問題視する中で、日本における人工透析患者の多くは、医師からの注意を無視して自堕落な生活を送り続けた「自業自得」な患者だと主張し、多くの批判を呼んだ。

   10月3日放送の「バラいろダンディ」では、冒頭で長谷川さん本人が騒動について謝罪する一幕があり、翌4日にはブログにも謝罪記事が掲載された。その後、同ブログは複数回にわたって修正が入ったため、一部ネット上で注目を集めた。修正理由は明かされていないが、当初2000文字以上あった文章は約半分に削られ、一部表現も変更された。

   一方、加筆された箇所もあった。9月23日付で長谷川さん宛てに抗議文を送っていた一般社団法人「全国腎臓病協議会」に対する記述だ。

   長谷川さんは翌24日にJ-CASTニュースが行ったインタビューの中で「抗議文が手元に届き次第、謝罪については断固拒否し、会長への公開インタビューを要求する」と強い調子で話していたが、10月4日付ブログには、

「一般社団法人『全国腎臓病協議会』の方々へも、改めて謝罪の文章をお送りする予定です。どうぞ私の謝罪の気持ちを伝えさせていただきたく、よろしくお願いいたします」

と謝罪の意向を示す一文が後ほど加えられた。

   騒動前、長谷川さんはMX「バラいろダンディ」の他に、テレビ大阪「ニュースリアルFRIDAY」、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」にレギュラー出演していたが、いずれも降板。MCを務めていたMX「未来展望」は9月をもって番組自体が終了したため、すべてのレギュラーを失うこととなった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中