ゴールの瞬間、いろんな家から叫び声が! 終了間際の山口弾でイラクに勝利

印刷

   絶望に光が差し込むかのような試合終了間際のシュートだった。応援に駆け付けていたサポーターらが喜びを爆発させたが、最も嬉しかったのは「解任論」も出ていたハリルホジッチ監督だったかもしれない。

   サッカー日本代表は2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選、イラクとの第3戦を2016年10月6日、ホーム(埼玉スタジアム)で戦い、2対1で勝利。勝たなければW杯出場がかなり厳しくなるこの一戦、チームを救ったのは途中出場のMF山口蛍だった。

  • ヴァヒド・ハリルホジッチ監督
    ヴァヒド・ハリルホジッチ監督

後半アディショナルタイムに劇的勝ち越しゴール

   日本は前半26分、FW原口元気のゴールで先制するも、その後追加点を決めきれず、逆に後半15分にフリーキックから失点を許してしまう。

   早い時間で先制しながら追いつかれる――。逆転負けした9月1日のUAE戦をフラッシュバックさせる試合展開に、嫌なムードが漂う。後半30分過ぎからは日本選手の足が止まり出し、イラクにいいように攻められる場面が増え始めた。

   このまま引き分けかと思われた後半アディショナルタイムだった。パワープレーで最前線に置かれたDF吉田麻也が、ロングボールを競って左サイドへ。セカンドボールを自ら取りに行ったところで倒されてフリーキックを獲得。MF清武弘嗣がゴール前に蹴り込んだクロスボールは、一度はクリアされたものの、そのこぼれ球を山口がダイレクトで一閃。ミドルシュートはイラクのゴールネットを揺らした。この瞬間、ベンチを含む日本選手がピッチになだれ込み、喜びを爆発させた。残る数分を守りきり、日本は2対1で勝利を収めた。

   チームを救ったゴールは、テレビの前で固唾を飲んで見守っていた日本のサポーターの心も、大きく揺さぶったようだ。ツイッターでは

「1人で家で叫んでました笑」
「サッカー点入った瞬間、いろんな家からいぇーい、ふぉー!的な声がめっちゃきこえたw」
「両親は1階でサッカーみてて、私2階でゴロゴロウトウトしてたのにゴールの瞬間の叫び声うるさすぎて起きた」
「友達とサッカーテレビ観戦で 決勝ゴールにて家の中爆音が駆け巡りました」
「最後まで諦めたらあかんね!」

と、興奮して大声で叫んだという投稿が相次いだ。

「あと数十秒でハリルの首が確定だった」

   だが、一番喜んだのはヴァヒド・ハリルホジッチ監督だったかもしれない。9月の2試合では1勝1敗。10月の2連戦の前にも、準備期間の短さから選手のコンディション調整が万全でなく、「言い訳をしていると書かないでくれ」と厳しい状況を自覚していたハリルホジッチ監督。選手選考や起用にも一部で疑問があがり、「解任論」さえ出たほどだ。それが、イラク戦の勝利で首の皮一枚つながったような形だ。

   イラク戦後のインタビューでも、これまではまず監督、次にキーマンとなる選手数人が受けていたが、最初に出てきたのは清武。ハリルホジッチ監督が姿を現したのは最後だった。あまりに興奮したため、心を落ち着かせてから最後に出てくるという異例の流れになった。

「ドラマチックな試合だったが、選手を本当に誉めたい。最後まで応援してくれた国民、観客の皆さまにありがとうと言いたい。そしてこれからもこの勝利を続けていきたいと思う」

   指揮官は次戦以降への意欲を示した。それでもツイッター上ではこんな冷ややかな声もあがっていた。

「まあとりあえずハリル延命」
「良かった!勝った!が、それだけ。監督の評価は変わらないし、選手選考の問題も何も変わらない」
「あと数十秒でハリルの首が確定だった」
「ハリル解任よりこの試合勝てない方がやばいから勝って良かった」
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中