「PPAP」、カンナムスタイルの再来 謎の中年「ピコ太郎」世界を席巻!

印刷

   パンチパーマにサングラス、全身ヒョウ柄のド派手な衣装――。こんなユニークな風貌の日本の中年男性が、「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」という意味不明なフレーズで世界から注目を集めている。

   その男とは、千葉県出身のシンガーソングライターの「ピコ太郎」さん(53)。国内外で過熱するブームを受け、2016年10月7日に「PPAP」などの楽曲が世界134か国で同時配信された。海外メディアでは、かつて世界で流行した韓国人歌手・PSY(サイ)さんの「江南(カンナム)スタイル」の「再来」と評する声も出ている。

  • ピコ太郎さんは「PSY」の再来なのか(画像は公式Youtubeチャンネルより)
    ピコ太郎さんは「PSY」の再来なのか(画像は公式Youtubeチャンネルより)
  • 7日朝には新しい動画「NEO SUNGLASSES(ネオ・サングラス)」を公開した(画像は公式Youtubeチャンネルより)
    7日朝には新しい動画「NEO SUNGLASSES(ネオ・サングラス)」を公開した(画像は公式Youtubeチャンネルより)

動画再生3200万回超、134か国で配信開始

   ピコ太郎さんが国内外でブームになったきっかけは、8月25日にYoutubeへ投稿されたわずか1分程度の動画だ。そこに収められているのは、ピコ太郎さんが単純な打ち込みサウンドに合わせて、「アイハブアペン アイハブアンアポー アッポーペン...」などと歌う様子だ。

   動画の内容は「意味不明」だが、その単純でシュールな内容が「中毒性がある」として、国内の若者を中心に拡散されることに。人気は海外にも波及し、海外メディアでも相次いで取り上げられた。さらに、カナダ出身で世界的な人気を誇る歌手ジャスティン・ビーバーさんが9月28日に、この動画をツイッターで紹介したことがブームに拍車をかけた。

   10月7日13時現在、公式チャンネルに投稿された動画の総再生回数は3200万回超。コメント欄には、日本人だけでなく海外のユーザーからも、「何回見ても退屈しない」「今年一番面白いネタ」などと絶賛の声が数多く寄せられている。

   世界を熱狂させているピコ太郎さんを「発掘」したのは、お笑い芸人の古坂大魔王さん(43)ということになっている。しかし、見た目や歌声が「瓜二つ」な点などから、2人は「同一人物」との見方が根強いが、古坂さんはツイッターで、あくまで「(ピコ太郎さんは)俺のイチオシで、プロデュースしてる」存在だと主張している。

CNN、BBCも取り上げる

   世界中で過熱する「PPAP」ブームについて、海外では韓国人歌手・PSYさんの再来だと評する声も相次いでいる。PSYさんが2012年に発表した「江南スタイル」は、今回と同じようにYouTube上で話題を集めたことをきっかけに世界的ヒットに繋がった楽曲として知られる。

   米CNNは日本時間9月27日、ピコ太郎さんのブームについて「Is this the new Gangnam Style?」(これは新しい『江南スタイル』か?)との見出しで報道。「PPAP」にネットが熱狂していることを紹介した上で、記事の末尾では「江南スタイル」への動画リンクを掲載している。

   そのほか、米TIME誌や英BBCが配信したウェブ版記事の中でも、ピコ太郎さんについて「第二の江南スタイルだ」「すでに次世代の『PSY』とも呼ばれている」などと伝えていた。

   こうした報道を受け、海外ネットユーザーの間では、ピコ太郎さんとPSYさんを「コラボ」させた動画を作成してYoutubeに投稿する動きも出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中