対豪戦PK献上の原口 ネットで「擁護論」が出た理由

印刷

   サッカー日本代表は2016年10月11日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第4戦をアウェーでオーストラリア代表と戦い、1対1で引き分けた。

   前半6分にFW原口元気のゴールで先制し、日本のリズムで試合を進めていたが、後半開始直後に逆に失点。その原因となるPKを与えたのもまた原口だった。

  • ハリルホジッチ監督はPKの判定に不満を隠さなかった
    ハリルホジッチ監督はPKの判定に不満を隠さなかった

「なぜあそこで、どフリーにさせたのか」

   試合後、インタビューエリアに現れた原口は言葉少なだった。

「チームとして良い試合をしていたので、PKには責任を感じます」

   後半5分、日本の右サイドから入れられたクロスボールをペナルティエリア内で受けたFWユリッチに対し、原口が後ろからタックル。これがファールの判定を取られ、相手のPKとなった。

   良い流れで試合を進めていただけに、ツイッター上では「PK与えたらあかんかな...」「痛いわぁ」「原口のプレイも軽率」「原口のPKホントにもったいない」と後半の出鼻をくじかれたような印象を受けたユーザーであふれた。

   一方で「PKはいたしかたないけど、なぜあそこで、どフリーにさせたのかってところ」と、原因を探る声も少なくなかった。この場面、ペナルティエリア内にはオーストラリアの選手2人に対し、日本の選手は5人。数的には勝っていたが、全員がボールウォッチャーになり、逆サイドから走り込んできたユリッチを完全にフリーにしてしまっていた。そのため、前線の原口が全力でゴール前に戻らざるを得なかった、と捉えることもできる。ツイッターでも

「あそこで原口が止めに行かなかったら確実に決められてた!あそこまで守りに戻ったことは誉めるべき!」
「PK献上したシーンはポジショニングが良くて『間に合ってしまった』上でのファールだから、その点は評価できる」
「原口はどんどん良くなっているし、PKのところもむしろ『よくあそこまで背走して戻ってきた』に近い」
「PK与えてしまったのは残念だけど、原口のタスクが多すぎる」

と擁護する向きも多く見られた。

「PKにはまだフラストレーション」

   また、タックル自体もPKになるほど悪質なものとは思えなかったのか、ハリルホジッチ監督は試合中、判定をめぐって審判に詰め寄った。試合後のインタビューでも「PKにはまだフラストレーションがたまっている」と不満を隠さなかった。

   とはいえ、大一番と言われたアウェーでのオーストラリア戦を負けずに終えたことで、次につながる引き分けとなった。次戦は11月15日、サウジアラビアとホームで対戦する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中