トヨタとスズキ「提携検討」発表 自動車大再編の始まり

印刷

   トヨタ自動車とスズキは2016年10月12日、業務提携に向けた検討を始めると発表した。環境や安全、情報技術などの分野での連携を想定している。

   両社の発表によると、協業に向けた協議について、スズキの鈴木修会長が、トヨタの豊田章一郎名誉会長に相談を持ちかけたことがきっかけ。国際的な激しい競争が繰り広げられている自動車業界で、存在感を高める狙いがある。

  • トヨタの豊田章男社長(写真左、2010年2月撮影)とスズキの鈴木修会長(右、2016年5月撮影)
    トヨタの豊田章男社長(写真左、2010年2月撮影)とスズキの鈴木修会長(右、2016年5月撮影)

環境や安全、情報技術で両社の思惑が一致

   自動車業界では、排ガスの不正で経営が悪化した三菱自動車が日産自動車から34%の出資を受け入れることになっており、今回の自動車最大手のトヨタと世界的な軽自動車メーカーのスズキが本格的な提携をすることになれば、自動車メーカーの大再編が加速することになるとみられる。

   トヨタ、スズキ両社は12日、それぞれのサイトで連名の発表文を公開。スズキは先進・将来技術の開発に課題を抱え、トヨタは「仲間づくり・標準づくり」が欧米各社より遅れていた。両社の課題解決には業務提携が有効だ、と思惑が一致し、今回の発表につながった。

   発表文の中で、トヨタの豊田章男社長は、

「自動車業界を取り巻く環境が大きく変わる今、生き抜くために必要なのは『変化に対応する力』。個別の技術開発に加えて、同じ志をもった仲間づくりが重要となってきている。『もっといいクルマ』づくりと自動車産業の発展に役立つ取り組みであれば、我々は常にオープンな姿勢で検討したい」

との考えを示した。

   また、鈴木会長は、

「トヨタは業界トップの企業であり、また、あらゆる先進技術、将来技術を手がける最も信頼できる会社。今回こうしてトヨタとの協業に向けて協議を進められることになり、大変ありがたい。(略)スズキの将来のためにもしっかりと協議に臨んでいく」

とのコメントを寄せた。

スズキ、VWとの提携解消でトヨタに秋波?

   スズキは、独フォルクスワーゲン(VW)との業務・資本提携を、VW側との国際的な訴訟を経て解消。小型車技術やインド市場での豊富な経験などに強みを持つスズキの新たな連携先に注目が集まっていた。その中でも、トヨタとの提携が有力との観測が業界には強まっていた。

   経済誌「週刊東洋経済」(16年10月8日号)では、スズキの鈴木修会長、長男の俊宏社長への「Wインタビュー」を掲載。この中で鈴木修会長は、米国でトヨタへの巨大リコールが起きた際、自ら公聴会に出席した豊田章男社長について、

「章男さんは見事だった。ウチの息子ではとてもできないと思ったよ」

などと評価する姿勢を示していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中