長谷川豊アナ、ついにネット番組も「休止」 レギュラー「週0本」

印刷

   「人工透析ブログ」が物議を醸し、地上波テレビの全レギュラー番組を降板したフリーアナウンサーの長谷川豊さん(41)がインターネット配信番組も休止することになった。2016年10月12日、自身のブログで明らかにした。

   長谷川さんは2月以来、インターネットテレビ局AbemaTVが運営する動画配信プラットフォーム「FRESH!by AbemaTV」で、毎週木曜日に「激論!長谷川豊の本気論、本音論TV」と題した生配信番組を放送していた。10月6日には第30回目が放送予定だったが、急きょ休止となっていた。

  • 長谷川豊さん(2016年9月撮影)
    長谷川豊さん(2016年9月撮影)

「この流れの中では当然の判断」

   12日のブログでは「長谷川豊の『本気論o本音論TV』はこれからしばらく、休止する事になりました」と報告。

「先週のコメント欄も見させて頂きました。本当に嬉しかったです!ただ、この流れの中では当然の判断な気もします。楽しみにして下さっていた皆様にはこの様な報告になり心苦しいですが、上記、どうぞよろしくお願い申しあげます」

と記した。

   長谷川さんは9月19日、「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」と題したブログ記事(のちにタイトル変更)を掲載し、多くの批判を呼んだ。

   これにより、レギュラー出演していたテレビ大阪「ニュースリアルFRIDAY」、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、MX「バラいろダンディ」の3番組を降板。MX「未来展望」は9月をもって番組自体が終了したため、結果的にすべてのレギュラーを失うこととなった。

   ブログ炎上中には連載コラムの中で「テレビレギュラー週8本をなめんなよ」と強気な姿勢をみせていたことが話題になった。週4回出演しているMX「バラダン」を4本とし、「本記論・本音論TV」も1本とカウントしていたとみられるが、ついに「0本」となってしまったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中