中国が6度目の有人宇宙飛行へ 33日間の滞在に挑む

印刷

   中国は有人宇宙船「神舟11号」を2016年10月7日8時30分(日本時間)、内モンゴル自治区の酒泉衛星発射センターから「長征2号F」ロケットで打ち上げ、予定した軌道に乗せた。国営中央テレビなどが伝えた。16年9月に打ち上げた実験室「天宮2号」と2~3日後にドッキングさせ、中国としては最長となる33日間の滞在に挑む。

   中国の有人宇宙の飛行は今回が6回目で、有人のドッキングは3回目。前回の13年は15日間の飛行だった。宇宙飛行士は空軍パイロット出身の2人で、22年の完成をめざしている中国独自の宇宙ステーションのためのドッキングや分離、地球への帰還といった技術検証と、長期に宇宙に滞在するためのノウハウを得る研究などを進める。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中