憶測乱れ飛ぶ「芸能界引退」理由 「乃木坂46」橋本奈々未の「気になる一言」

印刷

   人気アイドルグループ「乃木坂46」のエースの1人、橋本奈々未さん(23)が2016年10月20日にラジオ番組で同グループから卒業するだけでなく芸能界を引退することを発表した。

   引退理由は「普通の女性として生きていくため」で、引退後はどんな仕事に就くか決めていないということから、ネット上では「結婚以外に考えられない」という意見が圧倒的になっている。

  • 「卒業発表をさせて頂きました!」(写真は2015年3月撮影)
    「卒業発表をさせて頂きました!」(写真は2015年3月撮影)

「一般社会で、普通の女性として生きていきたいと思います」

   橋本さんは10月19日深夜のニッポン放送の特別生放送番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」に出演。「昔からファンの方々にいつグループを卒業するだろうと思われて来たけれども、とうとうその時が来た」と話し出した。11月9日発売のグループの16枚目のシングル「さよならの意味」でセンターを務め、その活動の終了を目途に卒業する。目安は自分の24歳の誕生日にあたる17年2月20日とした。さらに、

「芸能界も引退します。24歳になってから普通の一般社会で、普通の女性として生きていきたいと思います」

と語った。

   橋本さんは北海道旭川出身で、高校卒業後に上京し美大に進学した。もともとアイドルになりたいとは思っていなかったようだが、親に頼らずに学生生活を送ろうとアルバイトを始めるが生活が苦しく食べられない日もあった。そんな時に目に飛び込んで来たのが「乃木坂46」のオーディションで、ロケ弁が食べられるとして応募した、というのはファンの間では有名な話だ。11年8月の1期生オーディションに合格し、12年2月のCDデビュー以降は中心メンバーとしての活躍が続く。14年には学業との両立が難しくなり大学を中退した。女優業にも進出し、日本テレビ系「BAD BOYS J」(13年4月~6月)ではヒロインを演じ、15年3月からはファッション誌「CanCam」の専属モデルに起用されるという芸能人としての快進撃を続けている。

   グループ内での人気が高い一方で、アイドルに拘っていない雰囲気から卒業は時間の問題だとずっと言われてきたが、まさか芸能界まで引退するということでファンの間に衝撃が走った。引退後の仕事について橋本さんはラジオ番組の開始前に記者団の囲み取材で、

「いろいろ考えてはいるが具体的なものはない。実際に資格を取るかは別として、参考書を読んで秘書検定の勉強をしています」

と語った。英語が上手くなって一人で海外旅行をしたい、という希望もあるという。実家に戻ることはないそうだ。

理想の結婚相手は「やさしく穏やかに宥めてくれる人」

   こうしたことからネットでは、食べて行くためにアイドルになった橋本さんが一般社会に戻り仕事をしなければ生きていけるはずがない。こうした流れからネット上では、

「卒業後にやることあるなら卒業もわかるけど、特になんも決めてないなら普通まだいるよな?」
「ここまで這い上がって、専属モデルも捨てて芸能界引退って事は、他の仕事するって話ではなくて結婚するのかなと思ってる」
「引退の原因は結婚でしょ。辞めて半年から1年後くらいに発表あると思うよ」
「売れっ子アイドルが直で芸能界引退する時は、十中八九結婚だろうね。引退から半年~1年おいて結婚かな」

などと、結婚が引退の原因だという意見が圧倒的に多く、相手はロックミュージシャンだとか、バスケットボール選手だとか様々な憶測が飛んでいる。

   一方、この日のラジオ番組で橋本さんは自分の結婚観についても触れている。理想の結婚相手は自分は気性が激しいからやさしく穏やかに宥めてくれる人がいい。子供が大好きで、小さな子の動画を見て癒されるし育てたくなるくらいだから子供は3人欲しい。そんな生活が送れるのは、

「30歳を超えてから」

と語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中