麻央「やるべきことが、たくさんある!」 義父母の言葉に闘病の決意

印刷

   乳がんで闘病しているフリーアナウンサーの小林麻央さんが10月24日(2016年)、義理の母・堀越希実子さんの著書をブログで取り上げた。

   15日に発売されたばかりの本で、麻央さんはその一節に勇気付けられたとしている。

  • 乳がんで闘病中の小林麻央さん
    乳がんで闘病中の小林麻央さん

「へこたれません!」

   堀越希実子さんは2013年に死去した12代目・市川團十郎さんの妻で、2016年10月15日、「成田屋の食卓‐團十郎が食べてきたもの‐」(世界文化社)を上梓した。

   麻央さんは10月24日、ブログで義母の著書を取り上げて

「『私が伝統を伝える相手は麻央ちゃん』という母の言葉があった」

という一節を引いた。自身の置かれた境遇と重ね合わせ、

「まだ何も受け継げていないまま病気になり、闘病で時が過ぎていくことを悔しく思う」

と胸中を明かした。

   しかし、麻央さんのブログでは、義父の故・團十郎さんが天国で

「このくらいでへこたれる嫁ではないだろう」

と話しているという「ある人」の言葉も引き、

「へこたれません!やるべきことが、たくさんあります!」

と、義父母の言葉に、闘病の決意をあらためて固めている様子だった。

   麻央さんは23日のブログでは、自作したきんぴらごぼうとひじき煮、ポテトサラダの写真を載せ、ポテトサラダは

「主人の母を真似て、はちみつと、レモンを入れています」

と述べている。

   ブログのコメント欄には、

「海老蔵さんのお母様 とても素晴らしいお言葉ですね」
「へこたれず、伝統を受け継いでいってくださいね」

という声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中